モーラステープが通販で買える

モーラステープは病院で処方してもらっている方が多いと思います。

実は、モーラステープは病院以外でも入手できます。

私はファミリーファーマシーグローバルというサイトからモーラステープを買っています。

このサイトはシンガポールのサイトになります。

海外からの個人輸入という扱いになります。

通販で買うデメリットは

・保険が効かないので値段が高い。
・注文から到着まで時間がかかる。5日から10日ぐらい
・医師の診療やアドバイスが受けられない

長所として、
・病院に行かずに注文できる。
・待ち時間や診察時間がかからない。
・初診料、診察料などが不要。
・クレジットカードや銀行振り込みで購入することができる。

>>モーラステープの通販サイトはこちら







モーラステープという湿布は病院で処方していただいて貰える経皮消炎鎮痛剤です。
腰痛や変形性関節症、筋肉痛などの鎮痛に用いられる湿布です。
普通のどこにでもあるドラッグストアでは買うことはできません。
私はモーラステープを肩こりがひどいときに使用しています。
色々と試してきたのですが、モーラステープが一番私には合っている湿布でした。
お風呂あがりに貼ると、少しピリピリしますが肩こりには気持ちの良い刺激になっています。
肌色なので目立ちにくく、伸びもよく、貼り付きもいいので重宝しています。

しかし、モーラステープには注意しなければいけないことがあります。
それは、日の光に当たってしまうと光線過敏症になってしまうということです。
光線過敏症とは日の光にあたった部分が、かぶれてしまうことなどです。
モーラステープを貼ったまま外に出てしまい、ひどくかぶれてしまうという方がいます。
一度かぶれてしまうと、その痕が長い間残ってしまうこともあるようです。
これは、モーラステープを使用中だけではなく使用後の肌にも注意が必要なのです。
モーラステープを貼っているときだけではなく、貼った後もかぶれてしまう場合があります。
長くて、1年から2年は貼った場所を紫外線に当てない方がいいという意見もあります。
そのため、顔や手などに貼るのは避けた方がいいと思います。

モーラステープは本当に貼ったらとても気持ち良いです。
でも、あちこちに貼るのではなく病院で処方されたときの場所のみにとどめておいた方がいいかもしれません。
または、日に焼けにくい格好を心がけると良いかもしれません。
モーラステープが処方された方は、パッケージに書いてある注意書きを良く読むことをオススメします。
注意さえしていれば、鎮痛効果はバツグンだと思います。

(北海道 めかぶさん)




モーラスパップは非ステロイド系解熱鎮痛薬の経皮吸収貼り薬です。

>>モーラスパップ60mgの購入はこちら

モーラスパップは非ステロイド系解熱鎮痛薬の経皮吸収貼り薬のことです。

炎症の原因となるプロスタグランジンの合成を阻害して炎症を抑え、痛みを和らげます。

具体的には、変形性関節症・筋肉痛・肩関節周囲炎・テニス肘・腱鞘炎・腰痛症・変形性脊椎症・椎間板症・腰椎捻挫等の炎症を抑え痛みを改善してくれます。

また、外傷後の腫れを抑え痛みを和らげます。

関節リウマチ性における関節局所の痛みも和らげてくれます。

モーラスパップはモーラステープに比べて保湿効果が高いので、薬の吸収が良いのが特徴です。

モーラステープは素材がテープ剤なのに対して、モーラスパップはフェルト剤になっています。

皮膚の表面近くだけではなく、関節内部や筋肉の奥深くまで直接効果を与えることがかのうです。

貼付部分を紫外線に当てると光線過敏症を起こす可能性が高いので、モーラスパップを貼った部分は包帯やガーゼで覆うようにして紫外線を防ぐことが大切です。

また、剥がした後もしばらくは紫外線に当てないように引き続き注意が必要です。

モーラスパップを使った感想ですが、腰痛や腱鞘炎等の辛い痛みがましになっという意見が多く、痛みの緩和には効果があるように思われました。

しかしながら痛みの原因自体を治療する訳ではないので、モーラスパップの使用と合わせて根本的な原因を治療する必要があります。

また、長時間の使用で被れや湿疹を伴ったという感想が多かったため、肌の弱い人は注意が必要です。

効果の持続する時間が決まっているので、貼りっぱなしにせずに短時間での使用を心掛ける必要があります。

また、汗をかくと剥がれやすいという意見も多かったので、運動する時には不向きだと思いました。

モーラスパップは痛みを緩和するという点ではとても優れているので、特徴をよく理解し正しく使用する必要があることが分かりました。

(大阪府 彩りママさん)

>>モーラスパップ60mgの購入はこちら




たんぽぽコーヒー飲んで体がポカポカになりました。

冷え性の私を、家族みんながとても心配してくれていました。

温めてくれたり、しょうが汁を飲ませてくれました。

でも効果がイマイチ感じられなくて、私はたんぽぽコーヒーに出会う事ができたのです。

正直言って、コーヒーは好きではありませんでした。

でもこのたんぽぽコーヒーは飲めました。

とても美味しかったのです。

そしてとても美味しかったのです。

今までコーヒーがこんなにも美味しいと思えませんでした。

でもこのコーヒーは大好きになれたのです。

しかも私の冷え性が改善されたのも、このたんぽぽコーヒーだったのです。

たんぽぽの成分には、毛細血管での血液循環を促進させる作用があるのです。

だから血行が良くなって、冷え性の改善につながるのです。

嬉しい事に、このたんぽぽコーヒーには女性特有の悩みを改善させる作用があるのです。

あんなにも冷たい手先や足先が、ぽかぽかと温かくなってきました。

寝る時も眠れない時が結構続いていました。

でも私はこのたんぽぽコーヒーのおかげで、毎晩ぐっすりと眠れる事ができたのです。

毎日飲めるもので、ノンカフェインなのです。

体にも良い成分がたくさん入っているのです。

だからすすんで飲む事だってできるのです。

コーヒー風味がここまで美味しいと思いませんでした。

とても美味しいので、私だけじゃなくて家族みんなが飲むようになったのです。

冷え性改善に、不眠解消などいろんな効果が出てきました。

気になっていた便秘も改善されてきて、お腹周りもスッキリしてきたのです。

最初はたんぽぽを飲むなんて信じれませんでした。

でも中国では官報として用いられているのです。

だから私はこのたんぽぽコーヒーを飲んで、毎日体を温めているのです。

たんぽぽコーヒーの口コミサイト




残尿感の原因と治し方

女性の残尿感の不快さは、体感した人でなくては解らない辛さを伴います。

これを一刻も早く対処するには、考えるだけではどうにもなりません。

積極的に対処することで、その不快な症状とさよならできるのです。

まず、残尿感を感じるからといって、水分を控えてしまうのはタブーです。

どんどん水分を飲んで、トイレに足繁く通いましょう。

残尿感の原因は、膀胱周辺での菌の繁殖や炎症(膀胱炎)と考えられます。

その原因となる菌を一刻も早く押し出すために、排尿はとても大切です。

残尿感の不快に感じる頻度を少なくしようと考えたらアウトなのです。

水分を飲んで、菌を出す。

不急不要の外出は避けて、まず残尿感を拭い去ることに専念しましょう。

また、飲み物は刺激のないものを選ぶようにするのが基本です。

アルコールやカフェインが含まれず、冷たすぎないもの。

常温の水や麦茶などが手軽でしょう。

「喉が乾いたら」ではなく、「ひたすら飲む」のが正解です。

また、冷えを感じるのはよくありません。

少し暑いくらいの陽気でも、足元や腰回りに冷えを感じていませんか?

意識して温めるようにしましょう。

ひざ掛けやレッグウォーマー、靴下などでOK。

室温にも気を配りましょう。

これらは夜間に行うと大変です。

睡眠時間を確保するためには、トイレに何度も行ったり飲物をたくさん飲んだりするのは不可能でしょう。

そこで寝る前に残尿感が解消できるように、気付いたら早め早めに行うのが正解です。

もしも残尿感が長引いたと感じたら、病院に行って、医師に診てもらうのが最善です。

自己対処には限界があり、タイミングを外すと深刻な病気の発端になりかねません。

そして、深刻になる前に適切な服薬治療などを行えば速やかに治ることが殆どです。

もちろん、最初から医師へ相談してもいいでしょう。

残尿感は「どうしよう」と悩むのではなく、積極的な自己対処や医師への相談で早期解決が可能です。

要は、守りに入ることなく攻めて治すのがベストです。

(群馬県 ままさくさん)




膀胱炎を自然治癒させるためにまずやること

私は、10年前に初めて膀胱炎になりました。

それから、癖になり何回か膀胱炎を繰り返していますが、今はなくなりました。

膀胱炎の症状は、排尿の終わりに、ヒリヒリジンジンするような激痛がありました。

今までにない痛みでした。

また、残尿感が残っている違和感があるのに尿が出ず、血尿が出てしまいました。

膀胱炎は排尿を我慢することから起こりますが、ストレスからくることの方が多い気がします。

特に女性は、尿道が短いことで細菌が入りやすいと言われています。

まず膀胱炎になってしまった時は、はやめに自然治癒させるために、水分を沢山とることが重要です。

そして、水分を沢山摂る事で膀胱に尿が溜っている時間を減らして、細菌をできるだけ早く外に排出することが一番効きます。

特に緑茶は利尿作用があるので、いいでしょう。

私は何時間も緑茶を飲んではトイレに行きの繰り返しをして、だんだんと膀胱の痛みがなくなり治っています。

イメージとしては、身体に充満している菌を水でクリーンにして流すみたいな感じです。

他に利尿作用がある飲み物は、「カフェイン」が含まれている、コーヒーや紅茶などがあります。

自分に合った飲み物が一番です。

また膀胱炎を自然治癒させるには出来るだけ身体を温めることが大事です。

膀胱炎になりやすい人は、冷え性の人が多いと言われています。

身体の温度が高いと、細菌が侵入しても菌を殺菌することができ、繁殖や感染を免れます。

しかし、温度が低いと細菌が繁殖しやすく、膀胱炎の原因になってしまいます。

なので、摂る水分も温かいものにして、ホッカイロなどで下半身を温めています。

なんとなくですが、身体が温かくなることで、尿もでやすくトイレに行く回数も増えていきました。

今気を付けていることはこれらの事を、膀胱炎になりそうだなと思ったらすぐ実行することです。

そうすることで、膀胱炎になることを防いでいますし、膀胱炎が軽いうちは自然治癒させています。