生理痛には基礎体温で体調把握、そして鎮痛剤と冷え防止

成長の早い子なら10代前半、多少遅い子でも10代半ばからほぼ40年間、毎月やってくる生理。
そして多くの女性は、生理と共に、生理痛も経験していると思います。

私の場合、14歳で初潮を迎え、始めのうちは全く生理痛はありませんでした。
生理痛が始まったのは、18歳の時、実家を出て学生寮に入寮した直後からでした。
初めて生理痛を経験した時は、経験したことない痛みでショックだったこともあり、友人に両脇を支えてもらわないと歩くこともできませんでした。

私の場合、1日目のみ、ひどい生理痛がありますが、2日目以降はなくなるので、1日目をどう過ごすかが大事になります。
そこで、基礎体温を付けるようにし、いつ生理がきそうかを自分で把握するようにしました。
仕事に行く前にカバンに、ナプキンだけでなく、鎮痛剤(バファリンなど)が入っているかを確認するようになり、
生理がきたら、生理痛が出てくる前に、鎮痛剤を服用するようにしています。

また真冬の底冷えのする日で、鎮痛剤も効かなかったとき、お腹に使い捨てカイロを貼ったところ、かなり楽になったことがあるので、真冬の生理予定日前後は、使い捨てカイロもカバンに入れて置くようになりました。

生理予定日近くになったら、夏でも靴下を履いたり、温かいお風呂にゆっくり入って下半身を温めるようにしています。

そういえば、出産して授乳中は半年位、生理がきませんでしたが、再び生理がくるようになっても、1年位は生理痛はありませんでした。
出産育児を頑張ったご褒美かと喜んでいましたが、1年位して、また生理1日目のみ生理痛が起きるようになりました。
女性ホルモンからかと、最近は、毎朝、軽く温めた豆乳を飲むようにしたり、生理予定日前は、意識的に、鉄分補給と食物繊維摂取を兼ねて、おからとヒジキを一緒に煮たものを食べるようにしています。

(東京都 あややんさん)




生理痛を軽減させるための豆知識(ロキソニンと布ナプキン)

二十代になって社会で働くようになってから、
年々生理痛が悪化していて痛みを患うようになりました。

私の生理痛は生理が始まった初日だけのものなので軽いほうかもしれませんが、
その分初日はずっと痛みが続きます。

特に体が冷えやすい冬場の季節は、
夏場に比べて生理痛の症状が重い様な気がしています。

仕事にも支障が出てしまう事がありますので、生理になってしまったときは、
ロキソニンという薬を飲むようにしています。

昔はロキソニンは病院で処方されている薬でしたが、
最近は薬局などでも販売されているので手に入れやすいから
仕事でなかなか病院に行く時間が無い私にはとても助かっています。

ロキソニンを飲めば、生理痛で苦しむこともありません。

中には薬を飲んでも、痛みが治まらない人もいると聞いたことがあるので
薬で症状が治まる私は幸せ者だと思っています。

ロキソニンは副作用も特になく、自分にあっています。

薬だけに頼るのではなく、体の改善も大切だと思い生理痛を和らげるために色々な対策をしています。

まずは、体を冷やさない事です。体の冷えは、
生理痛だけではなく色々な不具合を生み出してしまうので薄着などはなるべくしないようにしています。

また、生理の時に使用するナプキンを布ナプキンに変えました。

布ナプキンは、洗濯する手間がありますが、
肌にも優しくむれないし変えてから生理痛が大分治まりました。

生理痛がひどいと病気の可能性もありますので、
定期的に婦人科で検査をしてもらい子宮の状態をチェックしてもらっています。




生理痛を少しでも軽くするためにしていること。

私はどちらかというと生理痛はあまりひどいほうではありません。
その為に寝込むとか、会社を休むとかそういうことはないからです。
ですので生理痛で病院へ行くということはありません。

ですが、やはり生理の時はまず、何だか頭が痛いし肩こりが酷いことが多いです。
お腹も少々緩く、軽めの鈍痛がします。

少しでもこのブルーデーを快適に過ごすためにまず生理の二日目くらい、
一番出血が多いと思われる日にはノーシンを飲みます。

これは頭痛肩こり生理痛、すべてに効くので私にはぴったり。
これですべての痛みからは解放されます。副作用は私は特に感じたことはありません。
普段あまり薬は飲まないので薬の効きは良いほうだと思います。

あとは冷えがよくないと思っているので、腹巻をして、冬場は腰にカイロを入れます。

これでポカポカ、痛みも和らぐ気がします。

時間があるときには足のストレッチが結構効きます。
座ったままでかかとをつけて足先をあげたりつけたり。
これを5分間繰り返します。

場所も選ばず、道具もいらずいつでも簡単に出来ますし、
仕事中もこっそり出来るので、よくやっています。

むくみ対策、血行を良くするためにとてもお勧めだと思っています。
これを一日何度かやると仕事帰りにブーツが入らないこともなくなりました。

生理中はお風呂も何だか面倒くさくなりますが、
家族もいるので一番最後にゆったり入ります。

最後なのでお湯も落としてしまえばオッケー。
ゆったり湯船でふくらはぎのマッサージをしてあがります。
血行が良くなると痛みもあまり感じずにすむので、
私にはあっているようです。
女性は本当に大変ですね。




生理痛に鎮痛薬ロキソニン

10代後半から20代前半は特に生理痛がひどかったです。
知人に相談したら、「子宮内膜症じゃない?」と言われ婦人科を勧められました。

当時独身で出産経験もなかったので、抵抗がありましたが診察受けました。
先生には、子宮はキレイですと言われほっとしました。
ただ、痛みが来る前に鎮痛薬「ロキソニン」を飲むことを勧められました。

私は薬を使用したくなかったので、必死に我慢していました。コツとしては、
痛みが来る前に早めに飲むといいそうです。
今は、ドラッグストアでも購入できるので助かります。

ひどい時は歩けないほどのお腹の痛みと腰痛でトイレで大量に嘔吐することもありました。

その後鎮痛薬を上手く使うことで耐えられないほどの痛みを感じる事がなくなり、本当に良かったです。

生理痛の原因は、血液が詰まって下に落ちてこないことが原因だも聞きました。

ですので、特に生理1日目・二日目が一番症状がひどいと思います。

薬のほかには、カイロでお腹を温めることで血液の流れが良くなります。

また、体を動かすことで気を紛らわし精神的に楽になると思います。

さらに代謝も上がり体も温まって、
より効果的だと思いますので、是非試して頂きたいと思います。

個人差にもよりますが、生理痛は出産すればほとんどなくなります。
生理痛は経験した人にしか分からない本当に辛くて苦しい痛みですが、
自分に合った解消法で上手に付き合っていくしかありません。

あまりネガティブに考えず、将来子供を授かる準備をしている健康の証と思ってポジティブに考えましょう。