子供の気管支炎をミノマイシンカプセルで治す

子供が頭が痛いと言ってきたので、熱を測ったところ37度ほどありました。

のどの痛みもあるというので、学校を休ませて病院に連れて行きました。

医者は呼吸音を聞いて、気管支のあたりに雑音が聞こえると言われました。

「軽い気管支炎かもしれませんね」という診断でした。

いつもならセフェム系の抗生物質を出す先生なのですが、今回はミノマイシンカプセルです。

カプセルは子供には飲みにくいのでは?と思いましたが、先生の判断に文句は言えません。

黙って処方箋を受け取って、調剤薬局に持っていきました。

調剤薬局ではいつもの通り、症状を聞かれます。

咳が出てのどの痛みと微熱があるようです、と説明しました。

すると、「そうですか・・・、牛乳では飲まないでくださいね。」と言われました。

薬剤師の説明によると、気管支炎や扁桃炎などの症状には合っている薬だそうです。

「セフェム系が効かない子供が増えているので、テトラサイクリンは出されるようですが、ミノマイシンよりも、他のテトラサイクリンが先ではないかと思います。

でも長時間効いていて服用量によっては副作用の少ないお薬ですよ。」
うーん、難しいですね。

薬剤師は医者の処方を否定してはいけないのですが、はっきり言われるとすっきりしますね。

ただ、薬剤師でも、医者の処方に対して明らかな間違いを指摘することは必要です。

子供の症状ですが、のどの痛みも気管支の音もすっかりなくなり、2日ほどで元気になりました。

皮膚や歯の変色があるので、子供にはあまり使われないと聞いたこともありますが、先生のいうことを信じて飲ませました。

(北海道 みくにさん)

>>ミノマイシンカプセルの通販サイトはこちら




気管支炎喘息にはどくだみ茶が効果的です。

私は幼少の頃より喘息をもっており、冬になると度々中発作をおこしておりました。

かわいそうに思った親が、どくだみ草を煎じたお茶を毎晩飲ませてくれたのですが、不味くて、本当に治るのだろうかと思っておりましたが、どくだみ茶の効果なのか、気管支炎の症状が大変軽くなりました。

おとなになった今でも時々小発作が起こるのですが、どくだみ草を煎じるのが面倒なので、場当たり的な下記の対処をしております。

以前私の治療をしてくださった先生の非常にうまいことを言っておられて、「喘息は、冷たい空気に触れた肺が蕁麻疹を起こしているような状態」と表現されていました。

これを踏まえて、特に寝ている間は冷たい空気を吸い込まないように心がけています。

まず、真冬の就寝中は弱めの暖房をずっとつけております。

外に出るときもできるだけマスクをするように心がけ、少しでも冷たい空気を吸い込むことを避けるようにしております。

また当然のことなのですが、一年を通して空気清浄機を動かし、部屋のホコリを出来るだけ少なくするようにも心がけています。

あと、口呼吸を可能な限り行わないこと。

口呼吸は万病の元と聞いたことがありますし、また実際にそうだと実感しております。ですので鼻の調子にもかなり気を配っています。

鼻づまりになるようなことがあれば即耳鼻を受診していますし、風邪を引いても内科などは受診せずに耳鼻科を受診しています。

耳鼻科に行くととにかく鼻の通りが良くなりますし、鼻呼吸をして熟睡することで風邪の治りも断然早くなると思っています。

風邪をひくと喘息の発作が酷くなりますからね、、、

とにかく冷たい空気を口呼吸で吸い込まない、これは気管支をいたわる上で、本当に大事なことだと思っていますので、口呼吸で冷気を吸い込まないように日々気をつけています。

>>どくだみ茶のおすすめ購入先はこちら