母乳育児をしていると子供も病気をしない

子育て時代の事はあまりに慌しくて、飛び飛びにしか覚えていないのですが、
なぜか、母乳を飲ませていた頃は、
子供も病気をあまりしないし、大体ベビーベッドで寝るか泣いていることが多かったせいか、割と記憶に残っています。
言い伝えで母親が団子汁を飲むとよく言われていましたが、実際に団子汁は効果がはっきりと実感できました。

他には、基本は赤ちゃんに飲ませる事です。赤ちゃんが飲めば飲むほど、母乳は出ます。
体がそういう風にできている気がしました。
いっぱい飲むと、母親はすごくお腹が空きます。それですごく食欲が出るのでいっぱい食べます。
喉が渇くので水分も取ります。
ここからは好循環が出来て、よく母乳が生成されて、
赤ちゃんも沢山飲むことができます。
沢山飲むのでお腹がいっぱいになり、ぐっすり寝てくれます。
まとまって寝てくれると母親もまとまって用事ができ、休息も取れます。
乳首の皮膚が切れたりして痛くなったり、思わぬトラブルで母乳を飲ませられないこともあるかもしれませんが、
一時的にそういうことがあっても、搾乳したりして、ともかく出し続けて母乳が生成し続けるようにすれば
母乳は出ます。o口(・∀・ ) ゴクゴク
逆に、出さなければ生成されなくなるし、飲む量を減らせば生成される母乳も少なくなります。

(山口県 まつこさん)




母乳が出ない、たんぽぽ茶で母乳育児

先月、めでたく友人が出産しました。
38歳の少し遅めの出産だったので、本人は色々心配していましたが、周りがびっくりするくらいの安産でした!
母子共に元気で、本当に良かったです(^ ^)
育児頑張る!と張り切っていたので安心していたのですが、退院して直ぐに友人から相談を受けました。
右側だけ全く母乳が出ないという内容でした。
彼女は完全母乳に憧れていて、当然そのつもりだったそうです。
ミルクと半々で育てている人もいっぱいいるよ!と励ましてみましたが、相当落ち込んでいて、ついには泣き出してしまいました。
あまりに悩んでいたので、母乳が出ていた左にまで影響が出ては困る!と思い、話題になっていたたんぽぽ茶を勧めてみました。
妊娠を境に大好きだったコーヒーを完全に辞めていたので、たんぽぽ茶の香ばしい味はリラックスできる!と喜んでくれました。
ノンカフェインなので、赤ちゃんにも影響が無いので安心できます。
一週間後に彼女から電話がありました。
何と、右側からちょっとだけ母乳が出たというのです!(◎_◎;)
そんな直ぐに効果があるとは思わなかったので、ウソかと思いました!
たんぽぽ茶を飲み出してから、お乳が前よりもしっかり張るようになったみたいです。
このまま彼女の憧れの、完全母乳で育ててほしいです!

>>タンポポ茶の購入はこちら