半沢直樹の続編に期待します

半沢直樹は第3話目から最終回まで視聴しました。視聴率が高いドラマだと聞いていて、旦那もおもしろいと言っていましたが、銀行員をテーマとしたドラマで主婦の私には内容が難しいかなと感じていました。

しかし実際には銀行員である半沢が、銀行内で不正を働く上司と闘っていくというドラマでした。
半沢の上司に向かっていく毅然とした態度に、なかなかそうはいかない会社員の男性はすっきりとするのかなと感じました。

仕事をしている時の半沢は冷静で頭の回転が速い男性のようでしたが、家にいる時は妻の花の尻に敷かれているような設定が良かったです。この家にいる時のくつろいだ半沢の姿があるからこそ、親近感を感じることができました。

最終回を視聴して、私は半沢が出世して、大和田常務は出向か解雇されて終わると思っていたのですが、半沢が出向を依頼されて、大和田常務には甘い処分という予想外の展開で終わりました。

原作がそうなっていて、それに準ずる形で作られたので納得できましたが、続きがないとすっきりしないなと思いました。
まだまだ原作が続いているようなので、続編で出向先でどのように頑張っていくかが見たいと思いました。
半沢は出向先でも銀行の不正を暴き、銀行に戻ってくると思います。

そして銀行で頭取をも脅かすぐらいの存在となると思います。
大和田常務も銀行に残っているので、大和田常務がどのような立ち位置になって半沢と対峙していくのかが見たいです。
また一度も息子さんを見ていないので、父親としての半沢の姿も見てみたいです。




半沢直樹のこの先も観たい

日曜日の楽しみがなくなってしまってさみしいけど、
毎週時間になったらテレビにかじりついて、手に汗にぎりながら観ていたので、
その緊張感から開放され、ホッとしているのも正直なところです。
辞令は、ヒラに落ちるか出向かと思っていたので、予想どうり。
会社とはそういうところだと、会社で働く人ならたいてい身にしみてわかっているはず。
不正を暴いたからといって、周囲や上司から評価されるわけではないし、
むしろその逆で、立場が悪くなるものです。
周囲や上司から評価されることがなく、それどころかさげすまされて、
肩書きがなくなって、収入がへっていく。
周囲の人々は、自分に得がある相手か、ないかをちゃんと見て付き合っているので、
今までいた仲間が手のひら返したように遠ざかって、たとえひとりぼっちになっても、
どういう行動をとる男なのかをこれからも見てみたいです。
そんなときに、たとえば、大和田の妻のように花ちゃんが借金を作っているのがわかっても、
今までと同じような行動がとれるのか、大和田のようになるのか。

がんばったら評価されるわけではないとわかった今、
評価されなくても、がんばれるのか。
それとも評価しろとこれまた倍返ししていくのか。
もっと年をとって、いつか、倍返しにむなしくなったりするのか、何を感じるのか。

ハラハラドキドキするけど、やっぱり続きも観てみたい。
できれば、半沢は一生出世しないでほしい、世間的に一生報われないでほしい。
それでもどう生きるのか、男の生き様をしっかり魅せてほしい。
世間のヤワな男たちにも観て何かを感じてほしい。