ミオナール錠で悩んでいた肩こりが治りました。ロキソニンとの併用もできます。

ミオナール錠は肩こりの原因などでよくある、血流が鈍くなっている症状を改善する効果がある薬で知られています。

服用する事で、血管を広げてくれるので、その結果血流が促進されて筋肉の緊張が緩和される。いわゆる筋弛緩剤として用いられます。

ですが、効果としては有名な劇薬などと違い、ゆるやかな作用となっているので、副作用については眠気以外に関してほとんど軽度のものである事が支持を集める理由となっています。

また、医師によっては痛み止めのロキソニンと併用して使う事を進める方もいます。

肩こりの主な悩みはコリとそれに伴った痛みです。

肩こりの原因をミオナール錠で取り除き、痛みをロキソニンで解消するといった用法になるのですが、効果は大きく、かなりの割合で症状が楽になったと言われています。

使用にあたっては両方の薬剤に対するアレルギーなどがない事が前提となってしまいますが、辛い肩こりをすぐに楽に出来るのは嬉しい話です。

また、ミオナール錠の人気の秘密はとても簡単な使用方法にも挙げられます。

1日2~3回、朝昼夕と服用するだけで良いのです。

筋肉に直接注入したり、点滴などに混ぜる必要がありませんので一般家庭で自然に使用する事ができます。

注意点として、飲み忘れてしまった場合などにおいて次のタイミングで2倍飲んでしまうといった遅れを取り戻そうとする効果は避けなければなりません。

短期間に容量を超えて飲んでしまうと、眠気などの副作用が強くなってしまいがちですし、深刻な症状に繋がってしまう可能性もあるからです。

(愛媛県 ロンタグロウさん)

>>ミオナールの購入はこちら




ミオナール錠で肩こり解消

肩こりの症状がとてもひどいときに用いられるお薬として有名なのがミオナールです。

このお薬の特徴は、筋肉の緊張をとってコリをほぐすことが可能という点にあります。

筋肉痛がひどいときにも使われます。

ただ、一般的にマッサージや体を温める温熱治療などで症状が改善させるような肩こりには処方はされないようです。

ものすごくひどい状態の人に処方されると聞きます。

お薬ですので副作用がありますから、そういった面でも処方は控えられているのかもしれません。

ミオナールの副作用は、めまいやふらつきなどがあるとされています。

お薬が強すぎるとこういった副作用が発生すると言われています。

ミオナールでは効果がないという人も中にはいるようです。

ミオナール以外にも筋肉の緊張を和らげるお薬は数種類あります。

テルネリンやアロフト、リンラキサーなどです。

これらは中枢性筋弛緩剤に分類されています。

症状の緩和により、寝つきがよくなったという効果を実感されている人も多いようです。

処方してもらう場合は、肩こりや腰痛などの場合は、整形外科を受診するのが良いでしょう。

市販薬にも処方薬よりも少ない量ではありますが、筋弛緩剤の成分が含まれているお薬もあるようです。

初めはそのようなもので肩こりの症状を改善させてみるのも良いかもしれません。

症状があまりにひどいと日常生活にも支障が出てきますので、症状が重い場合はミオナールを一度処方してもらってみてください。

(大阪府 みるくさん)

>>ミオナールジェネリック錠の通販サイトはこちら