ニキビをきれいに治すサプリメント

以前、ニキビ治療に皮膚科を受診していたとき、塗り薬と粒状のビタミンCを処方されました。

ビタミンCは、ニキビ跡の凸凹やシミを予防する効果があります。

すでに形成されてしまったニキビ跡の凸凹をも滑らかにする効果、シミを薄くする効果もあります。

一般的に肌をきれいにするには、コラーゲンがいいといわれています。

コラーゲンは、このビタミンCをもととして、人間の体内で合成されます。

美肌のために、コラーゲンを多く含む食品や、サプリメントを摂取している人がいますが、口から摂取したコラーゲンは皮膚の再生には役立ちません。

ですから、一見遠回りに思えますが、皮膚のコラーゲン量を増やすためには、コラーゲンサプリメントを摂るよりビタミンCサプリメントを摂るほうが早道なのです。

今は皮膚科を通院するほどニキビはひどくないですが、それでも継続的にビタミンCサプリメントを摂りつづけています。

いろいろなビタミンCサプリメントを試してきましたが、今は、DHCビタミンCサプリメントを飲んでいます。

効き目は、他社のビタミンCサプリメントと大差ありませんが、内容成分量とコスト面から考えると、DHCがお得だからです。

ビタミンCサプリメントを飲み始めてから、ニキビをこじらせることなく、きれいに治るようになりました。




今までで一番のニキビ薬はアポスティークリーム

私は、大人ニキビが非常にできやすい体質です。

ちょっとチョコレートでも食べようものなら、3日以内にすぐニキビができます。

ただ出来るだけならまだしも、なかなか治らず痛みが長引くのが悩みのタネでした。

今まで様々なニキビ薬を試しましたが、硫黄配合のものは匂いがきつく就寝時に気になりますし、クリームタイプのものはこってりとべたつきを感じ伸びも悪いですし、患部に乗せて固まるタイプのものは気付かないうちにボロッと取れてしまい使い物になりませんでした。

そんな時、近所のドラッグストアで見つけたのが「アポスティークリーム」です。

見たことのないパッケージだったので、500円台の安さにつられ、ダメもとで購入したのですが、これが大当たり。

使い心地は伸びがよく、水分がすっと乾いた後はベタつきもなし。

ほぼ透明なので恥ずかしくありませんし、硫黄が配合されていないのでにおいも気になりません。

あまりよくない使い方かもしれませんが、メイクをしなければならないときに患部にこのクリームを塗ってからうえにメイクをすると、ニキビの症状が悪化せず助かりました。

そして、患部全体に薄く塗ってから寝るのを毎晩繰り返していたら、段々ニキビができなくなって肌がきれいになりました。

しつこいニキビに悩んでいる人には、ぜひ一度試してみてほしい商品です。




大人のニキビの悩みに効く薬ランキング

家系的に脂っこいお肌が遺伝してしまった私は、思春期をニキビだらけのまま過ごしました。
そのためついたあだ名は「キュウリ」(T_T)
跡もまだらに残ってしまい、20歳のときまでずっと悩み続けてました。

そんなときお母さんから特効薬、といって送られてきたのがハトムギ成分の含まれたサプリメント。
最初は半信半疑で飲んだり飲まなかったりしていたのに、気付けばお肌はニキビなしに(^^)v
当時できていたイボすらどっかにいってしまいました。

あわせておすすめしたいのがアレッポソープ。
普通の石鹸のようにいい匂いはしませんが、皮脂をコントロールしてくれるすぐれもの!
私のように脂っこいお肌でお悩みの方にはもってこいの石鹸です。

そして歯磨き粉。
え?なにそれ?と思ったあなたは絶対試してみてください(笑)
わたしも最初は笑ってしまったのですがお肌もちもち有名人きゃりーぱみゅぱみゅさんがブログで紹介していた方法です。
睡眠前にニキビに歯磨き粉をちょこっと塗って眠るだけ。
翌日にはニキビが改善されています。
これ実は歯磨き粉には炎症をさえる成分が含まれているからなんだそう。

あとはもちろん睡眠と食事。
ストレスを溜め込まない生活と野菜をモリモリ食べましょうね☆




ニキビ知らずの私が大人ニキビに

私は今まで肌がキレイで何のトラブルもなく、ニキビが出来る事など年に1、2度しかありませんでした。
それもオデコにポツンと1個出来る位です。
そんな私がまさかニキビに悩まされる事になろうとは思ってもみませんでした。

30代目前に控え、朝起きたらオデコに珍しいニキビが。
しかしそのニキビは1個ではなく4個も出来ていたのです。
コメカミからオデコの真ん中にかけてポツポツポツポツと。
こんな事は生まれて初めてです。
あまりの光景に驚きながらも、「きっと放っておけば治るだろう。」と痛いニキビをそのままにしておきました。

2日後、更に驚く事に首にもニキビが。
こんな事も初めてです。
そして4日後、今度は首から胸にかけて、赤いニキビが大量に出来、すでに背中にも出来始めていました。
「これは絶対におかしい。」私は恐怖心からすぐに皮膚科に駆けつけました。
ニキビはマラセチア毛包炎という病気に似ているとネットで見ました。
「もしかしてマラセチアかも?」と恐れていましたが、皮膚科の先生からは「大人のニキビですね。」とあっさり言われました。
今までニキビに悩まされた事のない人も加齢により体質が変わったり、ストレスや食生活によって大人ニキビに悩まされる事はよくあるのだそうです。

処方して頂いたアクアチムクリームという抗生物質を含む塗り薬と、

FAD錠、リボビックス錠、そしてビブラマイシン錠というビタミン剤を毎日欠かさず試しました。

「これで本当に良くなるのかな?」と不安でいっぱいでしたが、4日程経ってようやく赤みと膨らみが目立たなくなり、改善している様でホっとしました。

>>アクアチムクリームの購入はこちら

>>ビブラマイシン錠の購入はこちら




ニキビ治療は食事、睡眠、ストレスを溜めない生活

大人ニキビ。イヤですよね(>_<) デート当日の朝なんかに見つけたら最悪。ウキウキ楽しい気分も半減してしまいます。 思春期頃から気になりだして、そのままずっと大人になってもニキビがいっぱいという人といますよね。私は幸い思春期以降しばらくはニキビに悩まされることもありませんでしたが、最近ポツポツ見かけるようになりました(T_T) 大人ニキビの原因っていろいろありますよね。仕事のストレス、食生活の乱れ、便秘、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れなどなど。女性の場合、化粧を落とさず寝てしまったことが原因になることもあります。 私も思いあたることがけっこうあります(  ̄▽ ̄) 化粧を落とさず寝た、以外は全て当てはまっているかもしれません。。 このニキビを治す方法っていろいろありますよね。塗り薬、サプリメントを使ったり、生活改善を試みたり。 思春期の頃は塗り薬をよく使っていました。確か「ビフナイト」という名前の薬だったと思います。よく効きました。

塗って寝た次の日の朝にはだいぶキレイに♪ということが多かった記憶があります。その頃は出来たら薬で治す!というのを繰り返していました。

でも最近はそれでは根本的な問題が解決していないので、あまり良くない気がしてきました。やっぱり生活の改善をしないとダメですよね。原因を取り除かないとダメですよね(  ̄▽ ̄)

そう考えるようになってからは食事、睡眠、ストレスを溜めない生活を心がけ、洗顔も見直すようになりました。
身体に良いものを食べて、しっかり眠って、笑って過ごす(^^)

こんな生活を続けていると、いつの間にかニキビも気にならなくなってきました♪
やっぱり何事も基本が大事ですねヽ( ̄▽ ̄)ノ