イナビルの吸入をはじめてやりました

子供がインフルエンザA型にかかりました。

学校ではやっていたので、怪しいなと思っていましたが、すぐに39度を超える高熱になりました。

念のため、発熱から12時間経過してから小児科に行きました。

インフルエンザの検査をするとすぐにA型であることが判明しました。

去年はリレンツァを処方されましたが、今回はイナビルを処方されました。

リレンツァは家で吸入しなければならないのですが、イナビルだと病院の帰りに寄った薬局で吸入してそれでおしまいだったのでとても楽でした。

しかも、吸入のお手伝いは薬剤師さんがやってくれたので吸い残しもありませんでした。

きちんとお薬を吸入できているのだという安心感があってとても良かったです。

10歳以上でしたので、イナビルはふたつ処方されました。

トントンとして吸って、トントンして吸って、というのを8回繰り返しました。

リレンツァよりも吸う力が必要だと薬剤師さんにはいわれました。

難しいのかと思いましたが、上手に吸入していました。

上手に吸えると味を感じないということでした。

その日一日は39度を超えていて、解熱剤を使ったりしました。

ですが、翌日の朝にはすっかり平熱に下がっていました。

食欲もあり、元気もありました。

学校は5日間は休みになりましたが、すぐに元気になって本当に良かったです。

イナビルは本当に良く効くお薬だと思いました。

(東京都 れいなさん)

>>イナビルの購入はこちら




インフルエンザ薬イナビルは即効性がありました。

この冬、インフルエンザA型にかかりました。

私2年に一回くらいインフルエンザにかかってしまいます。

インフルエンザにかかると本当にきつい、体中あちこちが筋肉痛になり、頭がくらくらしてきてこのまま死んでしまうのではと不安になるくらいです。

いろいろな薬を試しました。

タミフルもよく効きましたが、先日使用したイナビルは本当に即効性がありました。

私、吸引がとても苦手です。

ちゃんと吸引できているかも不安になりますし、何度も吸引があるのが面倒なんです。

でもこのイナビルは一回の吸引で済むんです。

病院から戻り、一回吸引するだけで済みました。

そして、翌日には平熱になっていました。

他の薬でも、効き目はあるのですが、軽く熱がぶり返したりすることもあります。

でも、イナビルはそのまましっかり熱が下がりました。

すぐに体も楽になりましたし、咳が長続きすることもありませんでした。

私にはよく効く薬でした。

インフルエンザ薬というと意識障害や異常行動などの副作用の心配があります。

でも、このイナビルはそういう心配もないと聞きました。

妊婦さんでも使用できるようなので、新薬ですが私は安心感があります。

即効性があるので、どうしても早めに治したい、仕事やイベントがる時などには使用していきたいなと思いました。

(東京都 RUNRUNさん)

>>イナビルの通販サイトはこちら




イナビルを吸入したら、インフルエンザの高熱から1日で回復!

小4の子どもが、朝、なかなか起きてこないので、「また寝坊して!」と布団をはいだら、顔が真っ赤。

おでこをさわってみると、熱い!

あわてて体温計を出して計ったら、39度もあるではないですか!

季節はクリスマス前、インフルエンザのシーズンです。

休みの日だったので、近くの休日診療センターに急いで連れて行きました。

待合室にはマスク姿の親子が4~5組待っていました。

その中でもうちの子はグッタリ度が一番激しく、イスに座るのもやっと。

「お母さん、きつい…」と涙目になりながら、順番を待っていました。

やっと呼ばれてインフルエンザの検査をしてみると、やっぱり陽性。

A型でした。

「タミフルもらうのかな?あれって苦いみたいだから飲ませるのに苦労しそう」と思っていたら、「イナビル」という薬をくれると話でした。

「なにそれ?」と思いましたが「粉を吸い込めるなら大丈夫。1回吸うだけでいいですよ」と言われ、びっくり。

ほんとかな?と思いつつも、イナビルをもらって、指導された通りに吸わせました。

子どもは「ちょと苦い」とは言ってましたが、粉のタミフルを飲むのとは比べ物にならないくらい楽だったみたいです。

薬を吸入して家に帰りましたが、その日はやっぱりまだきつそうでした。

ところが翌日には、朝、自分から起きてきたのです。

熱を計ると37度。

1日で2度も下がりました。

前の日は水を飲むのもだるそうだったのに「お腹すいた」とまで言いだしました。

イナビルの効き目はすごいですね。

しかもたったの1回で効くんですよ。

しばらくインフルエンザになっていなかったので、薬の進化に驚きました。

(福岡県  K子さん)

>>イナビルの通販サイトはこちら




娘がインフルエンザに処方されたのはイナビル。

12月下旬、娘が熱を出しました。

前日にくしゃみや咳を連発し、鼻水も出ていたので風邪をひいたのだと思い、熱もそのせいだと思っていました。

熱はさほど高くはなく、娘も飛び跳ねるほど元気。

インフルエンザが流行っているとはいえまさかとは思ったのですが、念のため病院へ。

病院で先生が、こんな元気なインフルエンザの人はいないと思うけど、今流行っているからと、検査をすることになりました。

そして結果は、予想外の陽性。先生も私も驚きました。

以前娘がインフルエンザにかかった時に処方されたのはタミフルでした。

その時は、タミフルと異常行動との因果関係についてテレビなどで報道されていた時期だったため、多少不安があったのを覚えています。

幸い娘は何の問題もなく、熱も早々に下がり、回復も早くて済みました。

またタミフルが処方されるのかなと思っていたところ、今回はイナビルというお薬を処方されました。

イナビルは初めての処方になります。

イナビルは、タミフルのように数日にわたって飲むものではなく、吸入薬で、一度の吸入で終了とのこと。

調剤薬局にて吸入を終えたらおしまいだよ、と言われました。

イナビルは目薬が入っているような容器で大きさも同じくらい。

副作用はほとんどないと言われているそうですが、念のため投与後2日くらいは注意してみていてくださいとの説明がありました。

あらかじめ吸入の練習をして、いざ本番。

大きく息を吐いてから、強めに吸い上げるのですが、娘は緊張のためか、最初はとても弱々しく、ほとんど吸入できませんでした。

2回目、3回目は要領を得たようで、上手に吸入することができ、薬剤師さんが空になった容器をみせてくれました。

一度の吸入で終わりというのは、手間がかからなくて良い半面、それだけで大丈夫なのかなと多少心配になりました。

しかし、吸入することで肺や気管支に感染したウィルスに直接作用させるお薬だとの説明をいただき、納得しました。

また、患者当人にとっても、何日も飲まなければならないものとちがって、吸入後はゆっくりと体を休めることに専念できる点がよかったと思います。

吸入については、薬剤師さんなどからきちんと説明を受け、指導があれば、小さな子供から高齢の方まで、安全に確実にできるのではないかと感じました。

(宮城県 あんなままさん)

>>イナビルの購入はこちら