辛い!全身蕁麻疹にアレロックが効いた

一人目を出産して半年たった頃、ある日突然足にの甲に蕁麻疹が現れました。

痒くて掻いていたら、あっという間にそれはふくらはぎまで広がってそれから太ももまで広がりました。

こんなに蕁麻疹が出たのは初めてなのでびっくりしていたのですが、とにかく痒かったので掻きながらも我慢していました。

2時間程して痒みは収まり落ち着きました。

それからと言うもの毎日の様に、足から始まりだんだんと上にまで広がり、ついにはお腹までというほぼ全身に現れる蕁麻疹に悩まされました。

不思議な事にそれは決まって午前中の10時頃から始まり、お昼には落ち着いてしまうというものです。

ついに我慢できなくなって皮膚科に行き、アレロックという薬を貰いました。

蕁麻疹を始めとしたアレルギー性な痒みなどに聞く薬だと言われ、飲んでみると次の日から蕁麻疹は全く出なくなりました。

赤ちゃんがいたので病院に行きづらくて我慢していたのですが、もっと早く行けば良かったな~と後悔しました。

くすり1つで全く出なくなって、こんなにも楽になるなんて凄く嬉しかったです。

それから様子をみつつ、蕁麻疹が出たらすぐアレロックを飲みというのを3ヶ月くらい繰り返して、やっと薬なしでも出なくなりました。

何でも出産後というのは副交感神経?が崩れやすく蕁麻疹が出やすい、出る人が多いみたいです。

これ以降常に薬を常備していますが、幸いにもこれほど辛い蕁麻疹は出たことがありません。

(東京都・にゃるさん)

>>アレロックの購入はこちら




私の花粉症の薬について

私は、花粉症で毎年悩まされています。
でも、年中なにかしらの鼻炎の症状や肌のかゆみがあるので、一年中薬を飲んでいます。
私は、肌も弱いのでいつもかゆみがあるため、皮膚科でいつもアレルギーの薬をもらっています。
それまでは、花粉症が出ると、薬をもらいに行きました。
でも、今は年中アレルギーの薬のアレロックを処方されます。
アレロックを飲みだしてから、不思議と鼻炎が治まったのです。
年中いつも鼻水で苦しめられていたのに、ピタッと止まったので、アレロックはすごい効き目だと思っています。
そして、肝心な花粉の季節も、そのアレロックで乗り切れるかな?と思っていました。
さすがに、症状が出ないまでは行きませんでしたが、例年よりは、花粉症で苦しむことはなかったです。
毎年、花粉症で本当にだるいのですが、だるさがだいぶ抑えられました。
きっと、花粉が飛ぶ季節よりも前から飲んでいることで、花粉症の症状が抑えられたのだと思っています。
ですから、私の花粉症で効く飲み薬は、アレロックです。
花粉だけではなくて、アレルギー全般に効く薬なので、とてもおススメだと思います。
病院から処方される薬なので、とても安心して飲み続けられると思います。