セレスタミン(アレルギー・花粉症の薬)がネット通販で購入できる。

みなさん、こんにちは。
花粉症の季節になってきて、鼻水がとまりません。

さて、人気のアレルギーの薬のセレスタミンがネット通販で購入できます。

セレスタミンは処方薬で、一般には市販されていませんが、海外からの個人輸入なら自分で使う分だけ購入するのはOKです。

セレスタミンには抗ヒスタミン剤と副腎皮質ホルモンが配合されています。
値段は50錠で2600円です。

購入できるのは空詩堂というサイトで、日本の医薬品の逆輸入のサイトになります。
ネットの手続きだけで購入できて、支払いはクレジットカードや銀行振り込み(楽天銀行)で支払うことができます。
病院に行く時間が取れない人などにおすすめです。

ただし、セレスタミンを飲むと、よく効く反面、副作用で眠くなってしまいます。

医薬品の個人輸入は自己責任になるので、同封されている取り扱い説明書をよく読んで服用するといいと思います。

>>セレスタミンの購入はこちら







また、セレスタミン以外にもクラリチン、アレジオン、アレロック、ザイザル、ジルテック、タリオン、ポララミン錠なども購入することができます。




アゼプチンは花粉症の薬で安いけど少し眠いです。

アゼプチンは白い小粒の錠剤で花粉症の薬です。

10年くらい前に住んでた所の近所の耳鼻科の先生がよく使っていました。

アゼプチンはまあ、効くのは効くんだけど、眠くなること眠くなること。

あと、口の中が苦くなります。

牛乳飲むと特によく分かるんだけど、マジ苦いです。

気付いちゃうと、唾液が口の中にあるだけで苦いレベルです。

あんまり苦いので嫌になって薬変えて下さいって言って出てきたのが、そん時にはたぶん新しい薬だった、アレグラ。

今、テレビで凄い宣伝してるやつです。

ただ、昔は高かったような気がします。

というのもイメージなのかもしれないけれど、そこの耳鼻科の先生が、アレグラは高くてアゼプチンは安いですよって言っていました。

まあ、高くてもアレグラにしました。

だって眠いのも苦いのも無理だって、不快ですし。

その点、アレグラは眠くならないし、苦くもないし、何も不都合がありません。

でも、これも個人差らしいです。

アゼプチンでも苦くも無いし眠くもならない人もいるようです。

まあ、私に合ってたのがアゼプチンではなく、アレグラだったという話です。

それとあと、凄く良く効いたけど凄く眠くなったのが、ゼスランです。

ただ、これも凄く鼻が痛くなるレベルで鼻の中が乾いた気がします。

で、結局、一番長く使ってたのはやっぱりアレグラです。

花粉症の薬飲んでても、不快感が無いやつじゃないと続けられないです。

(福岡県 遠山さん)

アゼプチンの市販品は売っていませんが、処方薬をネットで購入することができます。
>>アゼプチンの購入はこちら




クラリチンやアレグラは花粉症に効果的

ある時期になると花粉症で鼻がむずむずしてくるようになりました。

これまで鼻炎関係の病気にかかったことがなかったので驚きました。

まさか自分の鼻が風邪でもないのにぐじゅぐゆするなんて!もうショックのなにものでもありません。

でも不思議なことに世の中で花粉だと騒がれている時期と自分は少しずれていたようにも思います。

だから完全に何か鼻の病気だと思っていました。

病院には2か月ほど悩んだ末行き、診察をうけました。

先生からは蓄膿かもしれないし、花粉症かもしれないと言われ、検査をうけるかと聞かれましたがそれも面倒だったのでとりあえず薬をもらいました。

最初にもらったのはクラリチンという抗生物質のお薬です。

クラリチンを飲み始めてしばらくしたらだいぶ鼻の状態が改善されました。

寝てもさめても鼻がつまって息苦しかったのがだいぶ鼻が通るようになってきたのです。

でも、クラリチンを飲みおえてからしばらくたったらまた鼻の様子がおかしくなってきました。

次にもらったお薬は今はとてもポピュラーになったお薬ですが、アレグラというピンク色のお薬です。

アレグラは副作用で少し眠くなるみたいで日中は大変な時もありましたが、これも花粉症に対する効果は現れました。

なかには効果が現れない薬もあると聞きますが、私は幸運なことにまだ合わない薬というものに巡り合っていないのでラッキーです♪