妊活中の女性には葉酸サプリメントがいいみたい

2年前から妊活中です。

結婚が遅くて、すでに高齢出産の年齢に達していたので、すぐに不妊外来のある病院へ通い始めました。

現在は体外受精にチャレンジ中です。

病院で特に指導されたわけでは無いのですが、ネットで不妊に関することを色々と調べているうちに、妊活中に欠かせないサプリメントとして「葉酸」というものがあることを知りました。

胎児の奇形を防ぐ働きがあるので、妊娠する1~2ヵ月前から服用するのが効果的とのこと。

いつ妊娠できるかわかりませんが(^^;
とりあえずさっそくドラッグストアで購入してみました。

値段も手頃で有名メーカーだったので、アサヒのディアナチュラの葉酸を購入してずっと飲み続けています。

一日一錠飲むだけだし、粒が小さくて味も無いので飲みやすいです(^^)

葉酸は受精卵の着床を助ける働きもあるらしいので、不妊治療を続けている限りは飲み続けようと思っています。

ただ、現在のところ残念ながら妊娠・出産には至っていないので、葉酸の効果がどれほどのものかは分からず仕舞いです(^^;

妊活中に限らず、葉酸は健康に欠かせない成分のようなので、飲んでいて損は無いはず、とは思っているのですが
結果が出ないと何となく空しいですね(><)

(北海道 レモンさん)




母乳を増やすためには妊娠中のケアが大事

出産後、完全母乳で子育てをしたいという方は、是非参考になさって下さい。
妊娠中に乳房や乳頭のマッサージをするように産院から言われると思いますが、
みなさんはきちんとやっていましたか?今、妊娠中の方はきちんとやっていますか?
早産の心配がある方の中には、マッサージを禁止される方もいますが、
その心配がなく産院からマッサージをするように言われている方は、しっかりやって下さい。
まだ、母乳なんて・・・という感じで実感がないと思いますが、この時期からしっかり母乳が出るように
乳腺のつまりをなくし、赤ちゃんが吸いやすいような乳首にしておく事が重要なのです。
母乳は吸われることで、たくさん出るようになります。
ですので、出産後、赤ちゃんが吸いやすい乳首だとどんどん吸って飲んでくれます。
そして、母乳はどんどん作られるようになるのです。
妊娠中の乳頭、乳房のマッサージを怠ると、出産後、母乳が作られても詰まってしまい、
ものすごい痛みに襲われます。
乳腺が詰まりかけてしまってから、マッサージをすると、かなりの痛みが伴います。
それを防ぐためにも、妊娠中からマッサージをしておく事が重要なのです。
出産後、母乳が出ない、母乳の量が少ないという悩みを持っている方は、多くいます。
妊娠中の方、今から、頑張ってみて下さいね。

(千葉 NEOさん)




母乳対策のキーワードは糖分

母乳を増やすために人から勧められたものや、
聞いたことがあるもの、実際にやっていたことで共通するのは糖分じゃないかと思います。

もちろん過度の糖分はお母さんにも赤ちゃんにも良くないですが、
水分プラス何かしらの甘い物(糖分)が出やすくなるようです。

まず、祖母から母乳が出るために昔から使っているものといって
「いもあめ」を頂きました。
昔からある白い練り飴を切ってあるものです。
祖母も義母も伝統的にずっとそれを使って頑張っていたそうです。

うちの母から勧められたのは「メロン」です。
母はメロンが好きで単純に食べたいから?
これは好みの問題もあるかも知れなかったのですが(^_^;)
果物類なら多分なんでも大丈夫じゃないかと思います。
もも、マンゴーなど甘めの物などです。

「くり」を勧める人もいました。

これらを総合して考えるとキーワードは「糖分」じゃないかということで
実際にやってみたのがこれです。

ずばり「フルーツゼリー」\(^o^)/
しかも、果汁オンリーではなくて大きい果肉が入っているものです。
チョコレートや菓子類の糖分よりは果糖の方が体に優しいし、水分も少しは取れます。

でも同時に水分は充分とるようにします。
母乳がじゃんじゃん出だして飲まれつくすとのどが渇きます。
「ビール」で母乳を出したという人もいますが、アルコールはやっぱりよろしくないのでノンアルで。

「フルーツゼリー」を冷蔵庫に常備して、2人目は母乳オンリーで2歳までいきましたよ(^.^)

(熊本県 三毛らんじぇろさn)




母乳が出ない、たんぽぽ茶で母乳育児

先月、めでたく友人が出産しました。
38歳の少し遅めの出産だったので、本人は色々心配していましたが、周りがびっくりするくらいの安産でした!
母子共に元気で、本当に良かったです(^ ^)
育児頑張る!と張り切っていたので安心していたのですが、退院して直ぐに友人から相談を受けました。
右側だけ全く母乳が出ないという内容でした。
彼女は完全母乳に憧れていて、当然そのつもりだったそうです。
ミルクと半々で育てている人もいっぱいいるよ!と励ましてみましたが、相当落ち込んでいて、ついには泣き出してしまいました。
あまりに悩んでいたので、母乳が出ていた左にまで影響が出ては困る!と思い、話題になっていたたんぽぽ茶を勧めてみました。
妊娠を境に大好きだったコーヒーを完全に辞めていたので、たんぽぽ茶の香ばしい味はリラックスできる!と喜んでくれました。
ノンカフェインなので、赤ちゃんにも影響が無いので安心できます。
一週間後に彼女から電話がありました。
何と、右側からちょっとだけ母乳が出たというのです!(◎_◎;)
そんな直ぐに効果があるとは思わなかったので、ウソかと思いました!
たんぽぽ茶を飲み出してから、お乳が前よりもしっかり張るようになったみたいです。
このまま彼女の憧れの、完全母乳で育ててほしいです!

>>タンポポ茶の購入はこちら




エルゴの抱っこひもは今でも大活躍!!

私のおすすめのベビー用品は、「エルゴベビーのベビーキャリア」抱っこひもです。

ネットでも購入出来るし、ベビザラスや多くの量販店で購入出来ると思います。
私は2人目が産まれた時に購入しましたが、1人目の時にも買えば良かったなと思うほど大活躍です。
上の子が幼稚園に入園するので、出かける機会も増えるし、近くに頼れる両親も住んでいなかったので、2人目が産まれたら抱っこひもは必要だろうと考えていました。
そんな時、抱っこひもを使っている友人がエルゴを勧めてくれて、トイザラスに主人と商品を見に行きました。
エルゴの抱っこひもは多くの種類があるので悩みましたが、お腹の子が女の子とわかっていたので、可愛い柄にしたいなと考えていました。
しかし、エルゴは海外製なので作りが大きく、男の人でも簡単に装着出来て兼用出来ますよ、という店員さんの意見を聞いて、主人とも一緒に使えるものを選びました。
また夏場は密着するので蒸れやすいとアドバイスを頂き、生地の一部がメッシュになっていて通気性に優れた「ベビーキャリアパフォーマンス」のグレーの色を購入しました。
見た目は可愛くありませんが、主人がこれなら自分でも使えると言っていたので、主人と兼用できるものを選びました。
1人目の時とは違って長時間抱っこやおんぶをしても全く苦にならないのが気に入っています。
長時間の抱っこが苦手な主人も、抱っこひもはすすんで使ってくれるので、とてもありがたいなと感じています。
赤ちゃんの頃からこのエルゴの抱っこひもを使って寝かせていたので、1歳半を過ぎた今でも娘は抱っこひもが大好き!!
夜の寝る時間の頃に主人が抱っこひもを付けると、かけて行って抱きつき、抱っこしてとせがむほどです。
そんな娘の姿がたまらないらしく、主人も抱っこひもは手放せないようです(笑)
抱っこひもでないと寝ないのは少し悩みですが、時期がくれば寝てくれるようになるかなと気楽に考えています。
まだまだ大活躍中の我が家のエルゴの抱っこひもです!!