ごぼう茶が便秘の解消におすすめです。

便秘の解消にごぼう茶がいいと聞き調べてみました。

ごぼうについて調べてみると、食物繊維、コレステロールをコントロール、ポリフェノール、サポニン、イヌリン、クロロゲン酸、薬用として用いられているなどが目につきます。

最初はなんとなく体にいい野菜というイメージしかなかったのですが、調べてみるといいことづく目の野菜のように感じました。

最近では便秘の解消にはオリゴ糖がいいとよく目にしますが、ごぼうにはそのオリゴ糖も含まれているようで便秘解消に最適な野菜と改めて認識しました。

ほかにもごぼうには抗癌作用、コレステロールを抑制、若返り効果、むくみの改善、冷え性の改善などが期待出来るようで、話半分だとしても相当に体に良いようです。

あまりに良い点ばかりが目につくので、ごぼうの悪い点、副作用のようなものは無いのかと、つい意地の悪い考えで調べてみた所、水溶性食物繊維の摂り過ぎで下痢になる可能性があるということですが、便秘の私にとってはむしろこの悪い点は望むところであって、マイナスには考えられませんでした。

便秘の解消にごぼう茶がいいというのは、どうやら本当のようだと感じた私はとりあえず試してみることにしました。

ダメでもともとですし、ごぼうが体に良いのは本当なのだから私にとって不都合はないだろうと考えてのことです。

私の場合は一週間ほどごぼう茶を飲み続けると、便秘の症状はなくなって、ストレス、倦怠感も解消されて身体がスッキリするようになりました。

事前に良い印象を持っていた私ならでのごぼう茶の効果かもしれませんが、便秘にごぼう茶がおすすめです。

もし、便秘でお悩みの方がいたらいちど試してみたらいいかと思います。

(大阪府 kiyoさん)




ごぼう茶の効能や口コミをまとめたサイトがこちらです。







ホクナリンテープを使用して。

“私自身も、そして未就園児の子供達も使用したことのある医薬品です。

私は風邪を引くと喉の痛みから始まり、咳が出始めます。

これがいつもやっかいで、昼間はもちろん、夜寝ている間も咳き込んで起きてしまうぐらいにひどくなってしまいます。

そんな時、飲み薬とともに処方されるのがホクナリンテープです。

ホクナリンテープとは、小さい正方形の貼り薬で、一日一回、胸部や背部、上腕部などに貼って使用するものです。

気管支が炎症を起こした時に、気管支を拡張させて呼吸を楽にしてくれます。

皮膚から薬を吸収するというこの薬に、初めはおっかなびっくり。

胸にいきなり貼るのは怖かったので、上腕部に貼りました。

するとその夜から、格段に咳が減り、グッと睡眠環境が改善されてきました。

もちろん、一緒に処方された飲み薬の効果もあるのかもしれませんが、私にはホクナリンテープが体に合っているように思います。

気管支炎を引き起こしやすい我が家の子供たちも、幾度かこのお薬のお世話に。

大人用とは少し違い、サイズが小さいように感じました。

夜中に咳き込んで、時には嘔吐してしまう子供も、ホクナリンテープを付けて寝ると明らかに呼吸が楽になっている様子。

これからもこのホクナリンテープにはお世話になっていくと思います。

(千葉県 ミンミンさん)




メラトニンで質の良い眠り

夜はしっかりと眠っているというのに、翌朝すっきり起きる事ができません。

そういえば、早めに眠っているにもかかわらず、ちょっとした物音などで夜中に目を覚ます事が頻繁にありませ。

目が覚めてもまた眠りにつく事はできるのですが、それでも一晩に3、4度も目を覚ましてしまうのでそれが疲れがとれない原因なのでしょうか?

ネットで調べてみるとメラトニンを飲むことで質の良い眠りができ、翌朝もすっきり起きる事ができると分かりました。

個人輸入で簡単に手に入れる事ができるようです。

3mg60錠入りのメラトニンを購入してみました。

ワクワクドキドキしながら早速寝る前に飲んでみます。

不思議なくらい自然に眠りにつき翌朝もすっきり起きる事ができました。

いつものように物音で起きる事もなかったです。

深い眠りのせいか、いつもより短めの睡眠時間でも翌朝はすがすがしく起きる事ができます。

日中起きている時間もいつもより頭が冴えている感じがします。

これは良いものにめぐり合えた!と嬉しくなっちゃいます。

それからは毎日寝る前にメラトニンを飲むのが日課になりました。

悪夢を見るという副作用ももしかしたらあるかもしれないと聞いていたけれど、今のところは夢を見ることなくぐっすりと眠れています。

(北海道 うさうささん)

>>メラトニンの個人輸入代行サイトはこちら




ニトロペン舌下錠を狭心症が疑われた時に処方されました。

狭心症が疑われた時に診療所からニトロペン舌下錠を処方されました。

心臓付近に痛みを覚えると訴えたらニトロペン舌下錠を処方されたのです。

実際にはひどい過呼吸が原因でしたが、発作が続くと心臓付近が痛んだのです。

「もし、これが効いたら狭心症の疑いがあります。」と言われました。

処方されたニトロペン舌下錠が効かないことを願いました。

飲みこんだら効き目が無いと注意されました。

ニトロペン舌下錠は文字通り、舌の下に入れて溶かすこと。

早ければ1分くらいで効き目が現れるとのこと。

遅くとも5分間で効き目が現れるはずだからと言われました。

ニトロペン舌下錠を服用する時には出来るだけ座って飲むこと。

その点は大丈夫でした。

だいいち発作が起こったら立ってなんかいられません。

大変苦しいですから。

処方された翌日、発作が起こりました。

当時は連日過呼吸の発作が起こりました。

しかも、発作が起こると、間もなく心臓付近に痛みを感じました。

心臓付近の痛みを感じ、すぐにニトロペン舌下錠を舌の下に入れました。

発作が止まりました。

止まってしまった!と焦りました。

過呼吸ではなくて狭心症?

とんでもないことになったと思いました。

すぐに24時間モニターを装着した検査を受けました。

それでもはっきりしないので、大学病院で検査を受けました。

最終的に狭心症ではないとの診断がくだり、ほっとしました。

(熊本県 はなしのぶさん)

>>ニトロペン舌下錠は市販されていませんがこちらの通販サイトで購入することができます。




静命漢方堂の耳鳴りのお薬でギーンという耳鳴りが3ヶ月で楽になった。

耳鳴りで悩んでいる人は、日常生活でとても辛い思いをしています。

うちの家族が耳鳴りの症状に悩まされていて、毎日仕事するのが辛いと言っていました。

耳鼻科にも行って診察してもらいましたが、特に耳に異常があるわけでもなく、原因が不明でした。

耳鳴りの音は、ギーンという感じで結構頭の中で響くような音らしく、たまにめまいの症状が起きたり、頭痛もすると言っていました。

確かにそこまでひどいと、仕事していても辛いだろうと思いました。

耳鳴りの原因はさまざまで、耳の病気からきているものもあれば、精神的なものもあります。

自律神経のバランスが崩れると耳鳴りがしたり、ホルモンバランスによっておこることもあります。

年齢的なものもあるようです。

とても辛そうなので、何とか良いものはないかと、一緒に探してみたところ口コミで静命漢方堂の耳鳴りの漢方薬を見つけました。

耳鳴り薬

この漢方薬は、耳鳴りを改善させる生薬が配合されていて、原因別の耳鳴りすべてに対応できるように作られているようです。

錠剤タイプなので飲みやすく、漢方薬の苦さやにおいは気になりません。

耳鳴り薬錠剤

成分も安全性を確認して作られているので安心です。

耳鳴りの症状が改善するまでにかかる期間は、漢方薬を飲んでから早い人でも2か月くらいはかかるようです。

私の家族の場合は、3か月かかりました。

完全に解消されたわけではなく、まだ耳鳴りの症状が出ることもありますが、以前よりは楽に生活ができるようになっていると言っています。

ただ、お薬なので飲み合わせに注意が必要とされていました。

このお薬は、高血圧や腎性浮腫、月経前症候群などのお薬を服用している場合は、併用に注意が必要とされています。

他にもあるので、詳細は直接薬局に問い合わせると良いです。

とても親切に対応してくださいます。

疑問点、不安点は購入前に是非相談してみてください。

耳鳴りにお悩みで、サプリメントでは効果がなかったという人には、静命漢方堂さんの耳鳴りの漢方薬を試してみることいいかもしれません。

(大阪府 みるくさん)

>>静命漢方堂の耳鳴りのお薬の購入先はこちら