メチコバール錠を腰痛の治療に服用しましたが、効果はありませんでした。

私が腰痛を発症しているときに整形外科の先生からメチコーバールを飲んでみてはどうかと言われたことがあり、一度ためにしにメチコバールを飲んで見ました。

メチコバール錠は簡単に説明するとビタミンB12であり末梢神経系の修復を助けるという働きがあります。

赤色の入れ物に入った錠剤です。

取り合えす1か月間朝昼晩と1日3回、メチコバールを飲んでみました。

これで少しでも腰痛の痛みがましになればいいなあと思い毎日メチコバールを飲み続けました。

最初はメチコバールを飲んでいるという安心感からか、なんだかとても効いているような気がしていて、痛みもましになっているような気がしました。

メチコバールの副作用は特になかったように思います。

一緒に痛み止めも飲んでいましたが、特に気になるようなことはありませんでした。

そうこうしているうちにアッという間に1か月がすぎました。

次の受診の時もまあ続けてみようと思い、メチコバールの服用を続けてみました。

そうこうしているうちに1年ほどが過ぎたけれども、一向に腰痛の痛みが取れる気配はなく、もうメチコバールを飲んでいても意味がないかなと思うようになったので、それを機に、メチコバールの服用をやめてみることにしました。

やめてみても特に変わったことはなくいつもと同じ生活が続いていたので実際は効果があったかもしれないけれども、あまり私にとっては有効な薬ではなかったのかなと思います。

けれども一応処方薬なので効く人には効くだろうし有効な人も世の中にはたくさんいると思います。

ただ私には合わなかっただけでこの薬(メチコバール)を必要としている人は世の中にはたくさんいると思います。

このメチコバールを飲んでみたけれども私の腰痛は相変わらず痛いままで、一向に回復に向かうことなく、痛みがさらに増しだんだんとひどくなるばかりで痛み止めが増えていく一方でした。

(兵庫県 こばんはねこさん)




タミフルはインフルエンザの特効薬で頼りになります!

年末の休みムード真っ最中の中、映画を見に行ったときのことです。

話題作の映画で映画館は人で賑わっていて、映画はとても楽しかったです♪

ですが、帰り道に何となくのどに違和感…。

風邪の引きかけなのかな?と思って、念入りに手を洗ってうがいをして就寝。

その次の日はセールにいったのですが、洋服を買い込んで帰宅中のところ、急に酷い寒気とめまいに襲われて、帰ってから熱を測ったらまさかの38.5℃です(≧0≦)

その日はそのまま寝込んだのですが、熱はそのまま下がらずに39℃近くまで上がりました。

食欲もないし、寒気と高熱でベッドから動けずだったのでとりあえず水分だけはしっかり取るように気をつけていました。

翌日、年末年始で近くのクリニックはお休みだったので、病院の救急外来を受診しました。

インフルエンザの検査を受けたら、結果は陽性(^▽^;)

抗生物質はインフルエンザウィルスには効果がないそうなので、タミフルを処方してもらいました。

副作用とか、大丈夫なのかなとドキドキしながら服用したのですが、飲んだあと数時間経つとさっきまでの高熱が嘘のように体が楽になり、たまっていた家事が自分で出来るくらいに回復。

インフルエンザの特効薬とはいえ、効き過ぎてとても驚きました。

普段からの予防が一番ですが、特効薬の存在は心強いですね♪

>>タミフルの購入先はこちら




モーラステープが通販で買える

モーラステープは病院で処方してもらっている方が多いと思います。

実は、モーラステープは病院以外でも入手できます。

私はファミリーファーマシーグローバルというサイトからモーラステープを買っています。

このサイトはシンガポールのサイトになります。

海外からの個人輸入という扱いになります。

通販で買うデメリットは

・保険が効かないので値段が高い。
・注文から到着まで時間がかかる。5日から10日ぐらい
・医師の診療やアドバイスが受けられない

長所として、
・病院に行かずに注文できる。
・待ち時間や診察時間がかからない。
・初診料、診察料などが不要。
・クレジットカードや銀行振り込みで購入することができる。

>>モーラステープの通販サイトはこちら







モーラステープという湿布は病院で処方していただいて貰える経皮消炎鎮痛剤です。
腰痛や変形性関節症、筋肉痛などの鎮痛に用いられる湿布です。
普通のどこにでもあるドラッグストアでは買うことはできません。
私はモーラステープを肩こりがひどいときに使用しています。
色々と試してきたのですが、モーラステープが一番私には合っている湿布でした。
お風呂あがりに貼ると、少しピリピリしますが肩こりには気持ちの良い刺激になっています。
肌色なので目立ちにくく、伸びもよく、貼り付きもいいので重宝しています。

しかし、モーラステープには注意しなければいけないことがあります。
それは、日の光に当たってしまうと光線過敏症になってしまうということです。
光線過敏症とは日の光にあたった部分が、かぶれてしまうことなどです。
モーラステープを貼ったまま外に出てしまい、ひどくかぶれてしまうという方がいます。
一度かぶれてしまうと、その痕が長い間残ってしまうこともあるようです。
これは、モーラステープを使用中だけではなく使用後の肌にも注意が必要なのです。
モーラステープを貼っているときだけではなく、貼った後もかぶれてしまう場合があります。
長くて、1年から2年は貼った場所を紫外線に当てない方がいいという意見もあります。
そのため、顔や手などに貼るのは避けた方がいいと思います。

モーラステープは本当に貼ったらとても気持ち良いです。
でも、あちこちに貼るのではなく病院で処方されたときの場所のみにとどめておいた方がいいかもしれません。
または、日に焼けにくい格好を心がけると良いかもしれません。
モーラステープが処方された方は、パッケージに書いてある注意書きを良く読むことをオススメします。
注意さえしていれば、鎮痛効果はバツグンだと思います。

(北海道 めかぶさん)




モーラスパップは非ステロイド系解熱鎮痛薬の経皮吸収貼り薬です。

>>モーラスパップ60mgの購入はこちら

モーラスパップは非ステロイド系解熱鎮痛薬の経皮吸収貼り薬のことです。

炎症の原因となるプロスタグランジンの合成を阻害して炎症を抑え、痛みを和らげます。

具体的には、変形性関節症・筋肉痛・肩関節周囲炎・テニス肘・腱鞘炎・腰痛症・変形性脊椎症・椎間板症・腰椎捻挫等の炎症を抑え痛みを改善してくれます。

また、外傷後の腫れを抑え痛みを和らげます。

関節リウマチ性における関節局所の痛みも和らげてくれます。

モーラスパップはモーラステープに比べて保湿効果が高いので、薬の吸収が良いのが特徴です。

モーラステープは素材がテープ剤なのに対して、モーラスパップはフェルト剤になっています。

皮膚の表面近くだけではなく、関節内部や筋肉の奥深くまで直接効果を与えることがかのうです。

貼付部分を紫外線に当てると光線過敏症を起こす可能性が高いので、モーラスパップを貼った部分は包帯やガーゼで覆うようにして紫外線を防ぐことが大切です。

また、剥がした後もしばらくは紫外線に当てないように引き続き注意が必要です。

モーラスパップを使った感想ですが、腰痛や腱鞘炎等の辛い痛みがましになっという意見が多く、痛みの緩和には効果があるように思われました。

しかしながら痛みの原因自体を治療する訳ではないので、モーラスパップの使用と合わせて根本的な原因を治療する必要があります。

また、長時間の使用で被れや湿疹を伴ったという感想が多かったため、肌の弱い人は注意が必要です。

効果の持続する時間が決まっているので、貼りっぱなしにせずに短時間での使用を心掛ける必要があります。

また、汗をかくと剥がれやすいという意見も多かったので、運動する時には不向きだと思いました。

モーラスパップは痛みを緩和するという点ではとても優れているので、特徴をよく理解し正しく使用する必要があることが分かりました。

(大阪府 彩りママさん)

>>モーラスパップ60mgの購入はこちら




市販していないプロトピック軟膏がネット通販で購入できる

みなさん、
こんにちは。
エッグマンです。

アトピーの塗り薬プロトピック軟膏がネット通販で買えますよ(*^_^*)

プロトピックは体内のサイトカインの産生やアレルギー反応を抑制することにより、炎症を抑える薬です。
値段は1,980 円(送料別)

シンガポール発送なので、到着までに一週間から10日間ぐらいかかるみたいです。

>>プロトピック軟膏の購入先はこちら