保湿薬にヒルドイドクリームを使っています

ヒルドイドクリームは、ニキビ治療のため、皮膚科に通っていて、そこで処方されるお薬のひとつです。

使用目的としては、保湿クリームということで使っています。

また、私が処方されているのはチューブにはいった、ソフトタイプです。

保湿剤として、液状の他のお薬も処方を受けていますが、それだけでは乾燥が防げないため、このクリームを追加でいただくことになりました。

使い心地は、柔らかく、普通の化粧品と変わりありません。

むしろ、変なにおいもなく、また病院での処方ということで、安心して使えるところもあります。

私の場合、一カ月で一本くらいの使用量です。

使っていて、特に副作用というものは感じません。

また、化粧品としても、べたつきや、化粧のりを悪くする、などの症状もないため、特に不便を感じません。

保湿自体も、かなりしっかりしてくれていると思います。

さらに効果として、血行促進、という面もあるので、しもやけができたときにも使っていました。

結構ひどいしもやけだったので、すぐには治りませんでしたが、それでも結構早く治りました。

職場の人も、このヒルドイドを保湿剤で常用している人が、何人かいます。

みんなそれぞれ、これはいい、と言って何年も使われている方が多いです。

(兵庫県 まっちゃんさん)

>>ヒルドイドソフト軟膏の購入はこちら

>>格安のヒルドイドクリームの購入はこちら




混合肌にお気に入りの保湿方法

私は頬が乾燥しがち、おでこと鼻は脂がたっぷり、混合肌です。

油分が多い肌は、乾燥肌の人より保湿をしっかりする事が大事(驚きでした。)と化粧品カウンターで教わりました。

そして化粧水は安くてもいいので、何度もパッティングする事と聞いたので、それを行っています。

毎日、夜は化粧水を何度も肌になじませて、そこからオールインワンゲルを塗っています。

使っている化粧水は、「無印良品 敏感肌用しっとりタイプ(400ml980円)」です。

手に直接取って、両手で温めてから肌にパッティングします。

叩くというよりは、肌に押し込む感じです。

それを4~5回、ゆっくりと繰り返します。

そのあと、オールインワンゲルの「トリニティライン ナノカプセルジェル(50g4104円)」を塗って、顔を手で覆って温めます。

これで夜は終わりです。

朝は化粧水を1回パッティングして、そのあとオールインワンゲルを塗って、メイクを始めます。

週に2回~3回は、入浴するときにフェイスパックをします。

使っているのは、私的美麗日記という台湾製のフェイスパックです。

台湾に行くと大量に買ってくるほど気に入っているものですが、日本でも売っているようです。

このフェイスパックはパックから滴るほどに美容液が入っていて、それを顔につけて半身浴をしています。

これらのおかげか、以前よりは乾燥も油浮きもひどくなくなりましたよ。

しっかり保湿されているんだと思います。

(千葉県船橋市 なしじるさん)




神戸美人ぬか本舗の純米水の化粧水(しっとり)でモチモチスベスベ肌に

元々、泣きたくなるくらいの乾燥肌です。

が、神戸美人ぬか本舗の純米水の化粧水(しっとり)に出会って、ずいぶん改善されたように思います。

今まで色々と化粧品は使ってきましたが、時間が経つとカサカサになってしまったり、逆にしっとりし過ぎてベタベタになってしまったり、失敗ばかりしてきましたが、この化粧水はどちらの症状も出来ませんでした。

それどころか、久しぶりに会った友人に、「なんか肌きれいじゃない?」と言われることも。

特に何にもしていないのに、この化粧水でスキンケアをすると、まず肌のキメが整ってくるのが翌日の肌の状態や、化粧のノリ具合ではっきり分かるのにはびっくりです。

更に、この化粧水をたっぷり使ってコットンパックをすると、これがまた驚きのモチモチスベスベ肌に大変身です。

自分が乾燥肌だということを忘れてしまうほど、この化粧水とは相性がいいみたいで、今では毎日のスキンケアに欠かせないものとなっています。

刺激もほとんどないので、敏感肌の方も安心して使えますし、変な香料が入ってなくて無臭ってところもナイスだと思います。

これからもこの化粧水はずーっと使い続けると思います。

ビタミンたっぷりの米ぬか化粧水で、皆さんもぜひぜひ美肌になりましょう~。

(兵庫県神戸市 Y・Yさん)




お肌への刺激を最小限にしてしっかり保湿する

ニキビの原因はホルモンバランスによる過剰な皮脂分泌や、乾燥や紫外線など外的要因によるものが殆どです。
しかも大人ニキビは保湿しなくちゃ…と焦ってこってりした化粧品を重ね付けしたり、やみくもに油分を重ね塗りしては、どんどんニキビは悪化してしまいますよね(+_+)。

そこで私が出会った保湿ケアは、合成界面活性剤を使用していない、お肌への刺激を最小限に留めた太陽油脂のパックスナチュロンシリーズでの保湿です。

パックスナチュロンシリーズのスキンケアは主に洗顔、化粧水、クリーム、日焼け止めがあり、全てに合成界面活性剤も合成ポリマーも入っていないので、安心して使用することができるんですよ。
また、普段毎日使用するシャンプーやリンスも同シリーズにあるので、普通のシャンプーを止めてこちらに切り替えました♪。
シャンプーも毎日顔に少なからずかかるものなので、スキンケアだけ成分の優しいものにするのではなく、シャンプーも変えると早く効果がでるかもです(^^☆。
合成界面活性剤は肌のバリア機能を壊し、ニキビの悪化を招くし、合成ポリマーは毛穴を塞ぎ肌の正常なターンオーバーを乱すので、どちらも健康な肌環境にとっては排除すべき異物なんですね。
だからこれら無配合の化粧品で優しくケアを続けることで、しっかり保湿しながら肌を正しいターンオーバーの周期に戻す保湿が絶対にお勧めです。そしてその積み重ねがニキビ改善へ繋がっていきます。
肌本来のバリア機能を壊すことなく保湿することは、健康な肌への一番の近道です♪。




あまりお金を掛けず知らぬ間に保湿

空気が乾燥する時期が来るといつも悩むのが肌の保湿です。
特に仕事中はエアコンの効いた部屋にいるので肌の乾燥もハンパないものですね。
保湿のためのエビアンフェイシャルスプレーなどをメイクの上からシュッとするのも一つの手ですが本当に一時的で一日持たせるためにはとても及ばないです。
ですが、きちんと毎日湯船に浸かると知らず知らずのうちに肌が保湿されます。

冬になると湯船に必ず浸かると思いますが、できれば通年湯船には浸かってほしいです。
どんな方でも最低10分も浸かれば自然に肌が保湿され化粧水の浸透の仕方も違いが分かります。
また、これにプラスして今お値段が安くて品質の良いフェイスパックが売っています。
特に韓国コスメ系のフェイスパックはばら売りで50円を切るものもあるので大量に購入もできます。
特にお勧めはカタツムリが保湿には有効かと思います。

今の時期はフェイスパックを顔に乗せるとひんやりして冷たくていやだなと思ったら、お風呂に入った時に外のパッケージごと湯船にしばらく浸けて使用することをお勧めします。

要はレトルトカレーの要領と同じで湯煎にかけて冷たいフェイスパックを温めようということです。
温まったフェイスパックを顔に乗せるとほんわか暖かくて気持ちいいですよ。
さらに湯船につかっているのでお風呂の湯気で保湿力がさらに高まります。

こうしてお風呂の中で一日の疲れを癒しつつお肌にも保湿を十分にいきわたらせることができます。
時にエステなど行ったり化粧品をあれこれ塗りたくる必要もありません。
お風呂でこれだけ保湿されれば化粧品も少量で顔全体が潤うので、試してみてはいかがでしょうか。