30代にお勧めファンデーションはソフィーナ化粧品のプリマヴィスタ

お勧めしたいファンデーションはソフィーナ化粧品からでているプリマヴィスタです。

30歳を過ぎると肌が乾燥しがちになり、化粧をしても数時間で浮いてくる感じになるんですよね。

朝、化粧をしてもランチの時には化粧直しをしなければならない。

その後も15時ごろには化粧直し、夕方にまた化粧直し・・・といった感じ。

化粧直ししすぎてこてこてに厚化粧な状態というのも嫌ですね。

でもほっておくと、ファンデーションが浮いてしまって肌がまだらになっていたりして見苦しいですし。

そんな状態で悩んでいたところ、カウンセリングを受けて紹介してもらったのがソフィーナ化粧品からでているプリマヴィスタでした。

化粧崩れしにくいのが特徴で付属のスポンジに軽くとり肌にすっと軽くやさしく乗せます。
そのままほとんど力を加えずにスーっと伸ばすんですが、驚くほど化粧の伸びというか乗りというか・・・がいいんでビックリです。

ためしに朝いつものように化粧をしてからランチタイムを向かえたある日、鏡を見て驚きました。

ぜんぜん化粧くずれしていませんでした。

えー?と驚きつつ、どれだけもつのかとその後も時間を置きつつ鏡をみて様子をみていましたが、結果その日は1度も化粧直しをせずに終了。

こんなにも違うものなのかと驚きを隠せませんでした。

お店の人が言うには年齢によって肌の状態はぜんぜん違うものなので、その時に応じたファンデーションにしてあげることで肌もいい状態に劇的に変化するとのことでした。

お値段も手ごろだし、ぜひお勧めします。

(愛知県ミニーさん)

ソフィーナのプリマヴィスタがイチオシのファンデーション

私が現在使っているイチオシのファンデーションは、ソフィーナの「プリマヴィスタ」シリーズの「パウダーファンデーションUV」です。

このファンデーションは、丸一日メイクをしていてもほとんど崩れません。

しかも、朝お肌の調子がイマイチだなと感じている日でも、ファンデーションがするすると伸びてくれるので、お肌のトーンをきれいに見せてくれます。

CMでいわれている「マイナス5才肌」というキャッチコピーもあながち嘘ではありません。

仕事をしているため、メイク直しの時間が思うように取れない時でも、ほぼ崩れないため安心できます。

また夕方になるとくすんでくることが多かったのですが、このファンデーションを使うようになってから、その悩みもなくなりました。

また、プリマヴィスタシリーズの良い点は、化粧下地が優秀な点です。

ファンデーションも良いのですが、同シリーズの「皮脂くずれ防止化粧下地」は本当に頼りになります。

ファンデーションを塗る前にこの化粧下地を塗ることで、メイクの持ちがまったく変わってきます。

潤い感もあるのに、さらっとした付け心地でよく伸びます。

たっぷり使ってもなかなかなくならないので、コストパフォーマンスも良いと思います。

SPF25でPA++なので、日常生活での紫外線もきちんとカットしてくれます。

今後はリキッドファンデーションなども試してみたいと思いますが、プリマヴィスタシリーズから離れることは恐らくないと思います。

(静岡県 あこさん)

オルビス、ラスティングファンデーションUVがおススメ

私のおススメするファンデーションは、オルビス化粧品のラスティングファンデーションUVです。

私が、このファンデーションを使い始めて、かれこれ5年になります。それまでは、色々なファンデーションに毎回変えているほど、これと言って自分の肌にしっくりくる物がありませんでした。

そのうちファンデーションなんて、なんでもいいやとばかりに、ドラッグストアで売っている安い物を使っていた時期もありました。

買いに出かけるのも面倒に思うようになり、通販で簡単に買える化粧品はないものかと探していたら、オルビスにたどり着きました。

たまたま買うようになった化粧品なのですが、このオルビスのらラスティングファンデーションUVを使うようになってからは、こればかりリピしています。

このファンデーションは、SPF25、PA++のUVカットファンデーションなのに、肌がきしんだり刺激を感じるということが全くありません。紫外線吸収剤は不使用です。

むしろ、今まで使った普通のファンデーションよりも、肌へのノリやツキがよく、時間が経つほど肌に馴染んでくる感じがします。

透明度の高い繊細な粉体・クリスタルフレークが、光を反射させるように働き、透明感のある美しい肌に見せてくれるのが特徴です。

汗や皮脂を大量に吸収するパウダーを配合しているので、真夏でも顔がベタついたりしません。

かと言って、冬に乾燥するということもなく、本当に一年中快適に使えるファンデーションです。

これからも使い続けます。
(茨城県 Sちゃんママさん)




大人のニキビはファンデーションをつけて赤味を消す

若い頃と違って、大人のニキビは、ストレスや食生活がストレートに肌に現れた結果だと思います。

まず、大人のニキビは出る場所が違ってきます。

私の場合は、あごの周辺でした。

ひどいときは、豆粒大の大きさの赤いニキビが数ヶ所もあごにできてしまい、外出するのも恥ずかしいくらいで、
仕事などに出かける時は、しかたなくにきび治療薬をぬってからファンデーションをつけて赤味を消していました。

ファンデーションも、できるだけ肌に負担をかけないように、ミネラルファンデーションを使っていたのですが、
それでもやはりニキビにはよくなくて、腫れ上がってしまいました。

一般にあごニキビは、ホルモンバランスの崩れが原因らしいのですが、私の場合は、ストレスと食生活の変化がホルモンバランスの乱れを引き起こしていたような気がします。

その当時、派遣社員として働いていた先の会社では、毎日社員を怒鳴りつける社長さんがいて、自分もいつ怒鳴られるかと、毎日ヒヤヒヤしながら過ごしていたのと、年度末の激務のために体調を崩してしまったのが原因でした。

しばらくしてその派遣先の契約期間が切れたため、他の会社に移ってからはすこしずつあごニキビもよくなってきたのですが、それでも、一度できてしまった大量のニキビを直すのにはかなり時間がかかりました。

スキンケアも工夫をして、まず毛穴ケアに定評がある洗顔石鹸で顔を洗い、すすぎを充分におこなってから、保湿化粧水をつけて、そのあとニキビの薬を塗りました。

こうしてすこしずつ治していったのですが、今にして思えば、あれだけのニキビができたのなら、早めに皮膚科を受信しておけばもっと早く治ったかもしれません。




20代がファンデーションを選ぶときは肌負担を減らし、素肌感を大切に。

若い時は、正直ファンデーションなんてどれを使っても同じだと思っていました。

なので、とにかく安いものを探して買っていました。

私は今26歳です。さすがにこの歳になるとそうも言ってられなくなってきました。

私はもともとニキビが出来やすい体質で、若い頃は出来てもすぐに治り、跡もまったく残らなかったのですが、歳を重ねるごとに一度ニキビが出来てしまうとなかなか治らず、しかもニキビ跡が残ってしまうようになりました。

少しでも肌への負担を減らそうと、今は肌に負担のかかりにくい、天然成分を使ったファンデーションを使うようにしています。

それから次に大切なのがカバー力です。

目立つようになってしまった毛穴や、ニキビ跡を隠すためです。

「隠すメイク」はしたくないと思っていましたが、歳を重ねると仕方がないものですね…(笑)

今まではパウダーファンデーションを好んで使っていたのですが、最近ムラが気になるようになってきたので、リキッドファンデーションに変えようか悩んでいます。

パウダーの方が素肌感が出る気がしてずっとパウダーを使っていたのですが、リキッドの方が肌には馴染みやすそうですよね。

そのあとフェイスパウダーなどで整えれば、素肌感っぽい仕上がりも期待できるのかなと思っています。

私はそんなに化粧品にお金をかけられないので、買いやすいお値段の化粧品を愛用しています。

歳を重ねるごとに少しずつ高いものに移行していっているのですが、それでもたぶん、周りの同世代からしたら安いものを使っているんじゃないかなと思います。

必ずしも高ければいい、というものではないと思うので、自分の納得できる、自分の肌に合ったファンデーションを選ぶことが大切だと思います。

(東京都 サキさん)