乾燥肌でも混合肌でも30代のおすすめファンデーション

私は20代からお世話になっているファンデーションがあります。

それは、イプサのリキッドファンデーションとパウダーです。

30代になった今でも変わらずに使用しています。

イプサのリキッドファンデーションとパウダーの魅力についてお話する前に、私の肌質からご説明いたします。

20代の頃の肌質は乾燥肌がひどくなり、肌に合わない化粧品を使うとピリピリとしてしまう肌でひどい時などは、皮がむけていまうくらいの状態でした。

30代になり頬の毛穴が目立ち、おでこや頬の一部に皮脂が多い、いわゆる混合肌の状態へと変化しました。

イプサのリキッドファンデーションとパウダーは肌質に関係なくキレイな仕上がりになります。

乾燥して皮がむけてしまう時も、汚くよれることなくしっかりとファンデーションは付いてくれていまし、ファンデーションをしている日の方が肌の状態がよい感じすらしていました。

ひどい乾燥肌だった肌が改善された後も、イプサのファンデーションを使い続けていました。

もちろん、トラブルがない肌の時はとてもキレイについてくれます。

オールシーズン通して使えるファンデーションで、春や秋の寒暖差の激しい季節にも変に崩れることなく、冬の乾燥にもつっぱり感や粉吹きを抑えてくれます。

夏の汗ばむ季節は汗や皮脂によって、よれたり、ドロドロになったりしません。

30代でタルミからくる毛穴の広がりも、上手く誤魔化してくれています。

イプサのファンデーション以外も使ってみたくなり、試しに買って使用した事はありましたが、ここまで私に合ったファンデーションには出会いませんでした。

30代になっても使えるイプサのファンデーションとパウダーは本当におすすめです!

(静岡県 Mayさん)




40代・アラフォーが見えてきたらクリームファンデ

小じわが気になるお年頃になると、増えるのが「お化粧直し」の回数。

外出先などでお手洗いに行く度に鏡の前でファンデーション崩れのチェックをする・・・私はコレが嫌で仕方がありませんでした。

目もと口もとの憎き小じわ、ファンデーションがよれると余計に目立ちますよね。

私がパウダータイプのファンデーションを使い続けていた理由は、コンパクトケースが好きだから。

雑貨大好きな性質が災いして、化粧品の質よりも「パッケージのデザイン」にこだわって選んでいたのです(^^;)ははは。

あるとき、百貨店の化粧品店のカウンターでクリームタイプのファンデーションを試してみませんかと声をかけられました。

そのブランドは「クレ・ド・ポー ボーテ」。

資生堂ブランドの中でも上位の商品。

そして試してみたのはタンナチュレールサティネ。

曰く「極上のつやが内側から輝ようなくクリームファンデーション」。

指先かスポンジにファンデを取って、顔の中心部から外側に向かって拡げるように伸ばしていきます。当然だけど粉っぽくならなくて、見た目も自然な仕上がり。

下手なコンシーラーよりも色々とキレイにカバーしてくれて、肌馴染みはサイコー!お値段もサイコー(自分比)!

カウンターの美肌なお姉さんとしばしお喋りしながら悩み、悩んだ末にお買い上げ!だってワタシもうオトナのオンナだもん!よく考えてみたら機能で化粧品選ばないといけない年齢だったよ!忘れてた!

てことで、現在愛用中です。

(東京都 アラフォーOL)




30代主婦の愛用のファンデーションはコスメデコルテ

25歳の時に自分への投資と思って使ったコスメデコルテのファンデーション。

25歳の時には、値段の分に見合った価値や効果を感じず、勢いで使っていました。

が、現在37歳。

二児を出産し、育児まっただ中ですが、効果を徐々に感じています。

正直に言うと、家計のこともあるし、しっかりメイクをして出かけることも必要がなくなり、ちょうと中身が無くなったのを機に、ファンデーションを検討しました。

それでコストパフォーマンスのいいものに変更しましたが、ダメでした。

それ自体は、機能もいいし、色も肌に合うし、肌荒れも起こさず、値段も経済的でした。が、伸びが悪くて、常に潤いが足りない印象を受けました。

結局、それは途中でやめ、高いけれど、コスメデコルテのファンデーションに戻りました。

主婦になってバッチリメイクをしない分だけ、使用頻度も減ったので、大事に使えるかなぁと思っています。

戻して使ってみると、やはり伸びが違うし、美容液ファンデーションというだけあっての効果があります。

保湿もしっかり、潤い方が違います。

こればかりを10年以上使ってきたので、それが普通だと思っていましたが、他を比べてみて違いが判りました。

ただ、もしかしたら、季節もあるのかもしれません。

湿度の高い時期に使ったら、ちょっと使ってみたほうもいいのかもしれません。

でもそこから言えるのは、季節関係なく良い!ということです。

お勧めします。

(東京都 春夏秋冬さん)




30代友人が絶賛していたファンデーション

私の周囲の30代友人の中で人気のあるファンデーションがランコムのタンヴィジョネアです。

このファンデーションの素晴らしい点は、リキッドファンデーションとコンシーラーが一緒になっている点です。

この形式はとても新しい形式だと思います。

今までは私もファンデーションとコンシーラーは別々に持ち歩いていました。

化粧直しをする時には、大体ファンデーションとコンシーラーどちらも使用するので、一緒にするアイデアは素晴らしいと思います。

友人曰く、このファンデーションはキメが細かく、保湿効果も高いので乾燥肌や小じわで悩んでいる人でもキレイに安心してつける事が出来るそうです。

伸びが良く、少量でも十分伸びるので1本で半年以上は持つそうです。

定価としては少し高めですが、コンシーラーも一緒になっていて、かつ半年以上持つのであればそんなに高くないと思います。

友人は乾燥で肌のくすみに悩んでおり、色んなファンデーションを試して来たものの、最初は良くても時間の経過と共に肌がくすんできたり、乾燥で粉を吹いたようになったり、痒みが出てくる事もあったそうです。

デパートの化粧品売り場に行って相談してみては、試したのですが、納得のいく付け心地がなくて悩んでいたところ、ランコムの化粧品売り場でこのファンデーションに出会ったそうです。

朝にこのファンデーションとコンシーラーをつければ、夕方になっても崩れずくすまずにパッと明るい肌色をキープ出来、乾燥もテカりもせずに潤ったままの肌でいられるそうです。

(神奈川県 らるぴょんさん)




カウンセリング化粧品を使って、自分に合ったファンデを

30代から40代って人生の中で一番忙しい時期なのかもしれない・・・とよく思います。

20代、学生から社会人になりその後仕事一本で来た人、社会人から結婚し主婦、子育てに追われる人・・・30代から40代は自分のことに時間をかけることが出来ない人も多いのではないでしょうか?

自分自身のことを置いて、あらゆる事象に立ち向かう、30代から40代の方々はお肌の手入れにお金をかけることが出来ず、困っている人もたくさんいると思います。

私自身も子育てに疲れ、お肌はボロボロ・・・、ファンデーションのノリが悪く、いつも厚塗りでした。

そんな私が出会ったのが「カウンセリング化粧品」でした。

「POLA」です。

最近は色々なところで看板を目にします。

エステはもちろん、肌分析をしてくれた上で、基礎化粧品からファンデーションまで提案してくれるのでとても助かります。

今まで色々なコスメメーカーのファンデを使ってきましたが、POLAのファンデーションが一番良かった。

分析した上で自分に合うものだし、何よりお肌自体が潤ってきたので厚塗りしなくなり、今までのファンデよりもつける量が減ったのでリフィルを買う期間が遅くなったように思えます。

おススメはリキッドファンデーション。

指先に少しつけて顔全体に伸ばしただけで、しっかりついたような感じがするので、あとは粉おしろいで押さえて終了。

リキッドはしっとりした感じになるので冬におススメです。

忙しい30代から40代、化粧品選びに時間がない人、信用のおける商品を使いたい人、化粧品代の無駄遣いを減らしたい人にはぜひおすすめしたいです!

(島根県 はなゆうさん)