カンジダの市販薬フェミニーナ膣カンジダ錠でカンジダを治す

10代で初めてカンジダになり、それから今までに3回もカンジダなりました。

軽いものを含むともっと多いかもしれませんf^_^;

初めてなった時はギリギリまで我慢したので、婦人科で診てもらった時は、何でもっと早く来なかったの?と言われてしまいました。

おりものは変だし、臭いも酸っぱいし、とんでもない病気だと思っていたのです。

この時は、病院でカンジダの薬を入れてもらい直ぐに治りましたが、1度なると再発する可能性が高いと言われてドキドキしていたら、案の定再発しました。

疲れが溜まるとダメみたいで、あ、またなってる!と分かるようになりました。

なる度に婦人科へ行くのは面倒だし、毎回股を広げるのも嫌なので、フェミニーナ膣カンジダ錠が販売された時は嬉しかったです。

症状が軽い時は、フェミニーナ軟膏Sで完治します。

サラッとしていて、ベタつかないのでちょっとヤバイかな?と思ったら直ぐに塗っています。

錠剤はまだ一回しか使っていないのですが、慣れるまでは正直辛いです。

上手く入れられる人も居るだろうけど、なかなか上手く入らなくて苦労しました。

3個目を入れたあたりから、少しコツがわかりました。

確かに自分で入れるのは勇気がいるけれど、わざわざ病院へいかなくても良いのは、本当に嬉しいです(*^^*)

(大阪府 keiさん)




カンジタ市販薬のエンペシドLを挿入しました。

んんん~~ん、(>_<) かっゆーーーーーい。

病院にいくのも恥ずかしいし、お母さんに言えば変な病気だろうと思われるし、彼に言え浮気したんだろうって思われるかもしれないし(。。しちゃったけど。。。( ̄b ̄)シーーッ!! )。

って、どこが痒いのかって、恥ずかしいから想像してください 。

どうしようか困って、ネットでこっそり調べてみました。

白いカスみたいなオリモノが出ているか? 

フムフム。。あるある。

強いかゆみはあるか? うん、ある。

どうやら、膣カンジタ症のようです。

それに、市販の薬がいろいろあるのね。

これでこっそり治療しちゃおう。

薬局で買うのは恥ずかしいから、ネットでエンペシドLっていう薬をゲット!

箱の中には錠剤が入ってました。

え?飲み薬?と思って、説明書を読むと、挿入するって。。Σ(゚д゚;)

説明書どおりに、”そーにゅー”してみましたよ。

しばらくしたら、なんか、膣の中でジュクジュクした感じ。

なんていったらいいんだろう、熱いような茹ってきたような、変な感じ。

念のため、オリモノシートをつけて寝ました。

次の日の朝、カスのようなオリモノが出てて、鏡であそこ見たらウゲっ((((((ノ゚⊿゚)ノてことになってました。

でも、かゆみはずいぶん収まった感じだったので、毎日寝る前に1錠ずつ”そーにゅー”。

3日目にはほとんどかゆみがなくなっていたんだけど、せっかくだから全部使い切りました。

再発とか嫌だもんね。

(東京都 ポポちゃんさん)

>>エンペシドLの購入はこちら



かゆいカンジダをオキコナール膣錠とエンペシドクリームで治す

ある夏の日、突然あそこが猛烈にかゆくなりました。

今までに経験したことのないものすごいかゆさで、かきたくてかきたくて仕方ありませんでした。

そのかゆみは昼も夜も関係なくおそい、人前でかくのを我慢するのが大変でした。

それと同時に下着にものすごい量のおりものが、しかも固形状のものがたくさんついており、ただ事ではないと感じました。

2~3日しても治らずとても恥ずかしかったのですが、どうしてもかゆみを我慢することができなかったので近くの産婦人科を受診しました。

「カンジダだね」ということでオキコナール膣錠を入れてもらい、塗り薬(エンペシドクリーム)が処方されました。

”なんで?カンジダに?”と思いましたが、体の免疫が弱っていたり、抗生物質が効きすぎたりしてなることもあると産婦人科の先生に言われ納得しました。

もちろんその時のパートナーも感染していないか確認し、しばらくは感染予防のために行為をおこないませんでした。

病院に行ってからはすぐに薬が効き、家でも塗り薬を塗り、あのものすごいかゆみがウソのようになくなりました。

産婦人科に行くのはとても恥ずかしいと思いますが、カンジダを長引かせないためにもやはり早めの受診をお勧めします。

(北海道 aoさん)

>>オキコナール膣錠の購入はこちら

>>エンペシドクリームの購入はこちら



あれ!?あそこが何だかかゆい(>_<) カンジダでした。

ある日何だかデリケートゾーンがかゆい。

あ~っ、いつもの蒸れてかゆいのだとあまり気にしない様に生活していました♪

暫くするとかゆみは徐々に強くなってトイレで用を足す度にコシコシ拭いて紛らわせてると、今までのかゆみ以上にエスカレートしてしまいました(@_@;)

たまらず、近所のドラッグストアでデリケートゾーンのかぶれ用の薬を購入。

すぐさま患部に塗りこみました。

塗った直後はとてもいい感じ、これでOK治るな~やったね(^^)v

安堵もつかの間でまたかゆみが襲ってきました(+_+)

とは言え、薬も続けなければ効果はわからないと思い塗布し続けました。

それから数日しても症状は改善せずおりものをチェックすると、カッテージチーズのような状態に・・・何かいつもと違う(*_*)

とうとう婦人科を受診することに!

問診と内診を受けた結果「カンジダ」であることが判明しました。

聞いたことはあっても具体的には知りませんでした。

ドクターによると「カンジダ」自体は珍しい病気でもなく心配はいらないとのこと。

「カンジダ」は体力消耗をし疲れてるときなど発症しやすいそうです。

それから、「日常デリケートゾーンを洗う時にどうしてますか?」との問いに、「ボディーソープで入念に洗って清潔に保ってます!」と答えると、「それはダメだよ~!」注意を受けました・・・ナゼ(^_^;)!?

ドクターによると、洗浄力のある石鹸などで洗うと外敵から守る菌まで落ちてしまい、今回のようなことになるそうです(T_T) つまり洗い過ぎは厳禁!

日常の洗い方としては、ぬるま湯でサッとが基本だそうです♪

病院で処方された塗り薬と膣錠は効きました!もっと早く受診しておくべきだったかも(^O^)
洗い過ぎに注意してる現在、かゆみに襲われることもなく快適に生活しています♪

市販薬も販売されているので、万が一再発した時はすぐに治療しようと思います。

>>カンジダの膣錠の購入はこちら

>>カンジダの塗り薬の購入はこちら




免疫力が落ちると再発しやすいカンジダ

カンジダと聞くと、性感染症と思われてしまいがちです。

実際に、そう思われている人も少なくありませんね。

何だか自分のおりものがおかしい。

性器が異常に痒くてたまらない。

女性の方で、こういった症状にあわれている方いませんか。

場所が場所なだけに、友達にも家族にも相談できず、毎日異常な痒みとおりものの異常に悩んでいる人も多いはずです。

カンジダにかかったなんて話したら、変な目で見られてしまうのではないか。

そう思いますよね。

カンジダは決して恥ずかしいことでもないのです。

風邪を引いて病院から抗生剤などを処方され、長期に服用していたりすると、体の免疫力が低くなってしまいます。

そういった時に発症しやすいのです。

また、おりものシートをこまめに換えなかったりすると、そこで雑菌が繁殖し、カンジダになることもあります。

カンジダの症状でわかりやすいのは、カッテージチーズのようなオリモノと異常なまでの性器部分の痒みです。

この症状があったら、できるだけ早目に婦人科へ行かれることをおすすめします。

ですが、なかなか婦人科へ行くのは勇気がいることです。

婦人科へ行くと、診察し膣内にいれる錠剤と内服薬を処方されます。

約5日から7日ほど、欠かさず膣内に薬剤をいれることで、カンジダ菌を殺して治していきます。

痒みが強い際には、軟膏も出してもらえます。

一度かかってしまうと、ちょっと免疫力が落ちた際など再発しやすくなります。

普段から、しっかり体力をつけ免疫力が落ちないようにするとともに、性器部分を清潔に保つことも再発防止には有効です。