娘がインフルエンザに処方されたのはイナビル。

12月下旬、娘が熱を出しました。

前日にくしゃみや咳を連発し、鼻水も出ていたので風邪をひいたのだと思い、熱もそのせいだと思っていました。

熱はさほど高くはなく、娘も飛び跳ねるほど元気。

インフルエンザが流行っているとはいえまさかとは思ったのですが、念のため病院へ。

病院で先生が、こんな元気なインフルエンザの人はいないと思うけど、今流行っているからと、検査をすることになりました。

そして結果は、予想外の陽性。先生も私も驚きました。

以前娘がインフルエンザにかかった時に処方されたのはタミフルでした。

その時は、タミフルと異常行動との因果関係についてテレビなどで報道されていた時期だったため、多少不安があったのを覚えています。

幸い娘は何の問題もなく、熱も早々に下がり、回復も早くて済みました。

またタミフルが処方されるのかなと思っていたところ、今回はイナビルというお薬を処方されました。

イナビルは初めての処方になります。

イナビルは、タミフルのように数日にわたって飲むものではなく、吸入薬で、一度の吸入で終了とのこと。

調剤薬局にて吸入を終えたらおしまいだよ、と言われました。

イナビルは目薬が入っているような容器で大きさも同じくらい。

副作用はほとんどないと言われているそうですが、念のため投与後2日くらいは注意してみていてくださいとの説明がありました。

あらかじめ吸入の練習をして、いざ本番。

大きく息を吐いてから、強めに吸い上げるのですが、娘は緊張のためか、最初はとても弱々しく、ほとんど吸入できませんでした。

2回目、3回目は要領を得たようで、上手に吸入することができ、薬剤師さんが空になった容器をみせてくれました。

一度の吸入で終わりというのは、手間がかからなくて良い半面、それだけで大丈夫なのかなと多少心配になりました。

しかし、吸入することで肺や気管支に感染したウィルスに直接作用させるお薬だとの説明をいただき、納得しました。

また、患者当人にとっても、何日も飲まなければならないものとちがって、吸入後はゆっくりと体を休めることに専念できる点がよかったと思います。

吸入については、薬剤師さんなどからきちんと説明を受け、指導があれば、小さな子供から高齢の方まで、安全に確実にできるのではないかと感じました。

(宮城県 あんなままさん)

>>イナビルの購入はこちら




インフルエンザをリレンザで治す

病気とは縁のない主人がいつになくぐったりとしています。

どうやら熱があるようなのですが、日曜日なので病院へ行く事ができません。

しばらく様子を見ていたけれど、症状はどんどん悪くなるばかりです。

仕方がないので救急病院へ連れていく事にします。

救急病院は半端ない程の患者さんの数で驚きました。

どうやらインフルエンザが流行っているらしいのです。

診察を終えて出てくる人のほとんどがインフルエンザと診断されているようで、もしかしたら主人も・・・?

診察、検査の結果予想通りインフルエンザとの事でした。

リレンザという薬を出してくれるそうです。

吸入器1つと5日分の薬がついています。

1日2回吸入器にセットして吸い込むというお薬のようです。

一刻も早く吸入した方がよいとのことで、リレンザを受け取ってから1回目の吸入をすぐに行いました。

自宅では主人を隔離して過ごします。

次の日はまだ完全に熱は下がっていなかったものの、仕事は休めないとのことでリレンザを持って仕事に出かけました。

仕事といってもトラックドライバーなので人にうつす心配はありません。

一日2回の吸引で発症から3日目くらいにはあれだけ高かった熱も嘘みたいように平熱に戻ったようです。

元気になっても5日分の薬は全部吸入するように言われていたので、きちんと守って飲みきったようです。

(北海道 usausaさん)




インフルエンザに効果のあったタミフルカプセル75

家族が以前、インフルエンザに罹った時に医療機関から処方されて飲みました。

朝いきなり高熱38度があり、周りではインフルエンザがとても流行っていたので恐らくインフルエンザだと思い、すぐに病院へ受診しました。検査結果はインフルエンザのA型。

恐れていた通りの病名でした。処方された薬は、タミフルカプセル75で、一通りの説明を受け帰宅しました。

患者は高熱のため、顔は火照りふらふらしていました。

早速この薬を飲ませて様子をみることにしました。

そのままうとうと眠りにつき、小一時間が経過したころ、目を覚ましたので検温したのですが、驚くことに一度下がっていました。

タミフルを飲む前は、38,7度だったので、37,7度になっていました。

一度下がったことで、少し体が楽になったようで、会話ができる程度まで回復。

その夜は、水分を多く摂らせてそのまますやすやと眠っていました。

夜中に一度目が覚めたようですが、明け方までゆっくり寝ていました。

検温してみると、36,7度まで下がっており、あと0,5度下がれば平熱。

下がり方はまさに驚異的。しかし、熱は下がってもだるさはあるので元気とまではいかず、食事を少しずつさせて体力を回復させていきました。

その後、翌年の冬もインフルエンザのA型になり、またタミフルを飲ませたのですが効果は同じで翌日には平熱になっていました。特に副作用はなく、薬がよく効いたので有り難かったです。

(千葉県 H.Tさん)

>>タミフルの購入先はこちら




タミフルがインフルエンザにバッチリ効きました

日曜の朝、体がだるくて熱っぽくなりました。

熱を計ると38度超えです。

旦那が「インフルエンザだ」と、言って市内の救急診療所へ連れて行ってくれました。

救急なのに、なんと患者の多いことでしょう。

その9割が子供です。

しかもマスクもせずに、ゴホゴホし放題でした。

検査は、鼻の中に棒状のものを入れるだけで、すぐにインフルエンザと確定されました。

そして噂に聞いているタミフルを注射してもらい、月曜日に、かかりつけの医者で再診してもらうように言われて帰りました。

家では、家族にうつさないように、マスクをして別室で寝ていました。

翌日、病院へ行こうと会社に電話しましたが、急ぎの仕事があるとのことで休ませてもらえませんでした。

インフルエンザだからといって、零細企業は社員を休ませないことを初めて知って驚きです。

顔を真っ赤にしながら、急ぎらしい仕事をこなします。

それが終わったら、早退してその足で病院へ行きました。

他の人の話だと、死にそうなくらい辛いと言っていましたが、私は私語とが出来たくらいなので、それほどひどくなかったようです。

おそらく発熱してすぐにタミフルを打ってもらったことが良かったようで、その後辛くなることはありませんでした。




タミフルはインフルエンザの万能薬ではないけれど・・・

数年前にインフルエンザにかかったときに「タミフル」という薬を処方されました。

以前に、タミフルを飲んだ子どもに異常行動が見られたということが大きくニュースで報じられたために不安もありましたが、きちんと決まりを守って飲めば大丈夫だろうし、小さい子供を育てている主婦なので、早く元気になりたいという気持ちのほうが強かったですね。

タミフルという薬は、魔法のようにインフルエンザを直す万能薬というわけではありません。

インフルエンザウイルスを死滅させるということでなくて、今以上にウイルスの増殖をさせないということが効果としてあげられています。

だから、タミフルを飲むことによって、さらに悪くなったりたとえば重篤な病気(肺炎、子どもであれば中耳炎など)にならないということなのだと思うのですね。

私の場合はタミフルの効果か安静にしていたためかわからないのですが、飲んで一晩寝て起きるととても体が楽になっていましたよ。

飲んでよかったと思っています。

体調はだいぶよくなったのですが、病院で処方してもらった分量は最後まできちんと飲み切りました。

家庭の主婦が倒れてしまうと家の中が大変なことになってしまうので、早く元気になれて助かりました。

>>タミフルの購入先はこちら