森三中の大島美幸さんの妊活について

森三中の大島美幸さん 妊娠おめでとうございます。

妊活 最初は聞きなれない言葉で、なんのことか分かりませんでした。

不妊治療など どことなく女性が不安に感じるような言葉を使わず

妊活 前向きで明るい感じの言葉を使っての行動がとても素敵だと、おもいました。

友達が10年 不妊治療をしています。

何年か前から、不妊治療の話はお互い避けていました。

大島さんが妊活で休業をし、妊娠されたことをテレビで発表されて

友達から、

「もう、不妊治療はやめようと思ったけど、妊活 もう少し頑張るよ。」

と連絡がありました。

大島さんの 妊活という言葉で 友達が諦めかけていた子供のこと

消極的になってた治療のこと 旦那さんとこれからの話を前向きにしたみたいです。

私自身、子供はすでにいるので友達の妊娠や子供に、対しての心情は

全てを理解できていません。

だけど、大島さんの前向きな妊活のおかげで

友達は、妊活がうまくいった時 だめだった時を旦那さんと

前向きに話すことができ、この言葉の響きが

暗いイメージのある不妊治療というイメージが払拭されていると思います。

なかなか、妊娠、不妊、 子供のことは親兄弟 友達などのなかでも

話題に出すのは 失礼だったりするので 不快な気分にさせる言葉だったり

するので こんな風に大島さんのように、

堂々と妊活します!って言葉で どれだけの女性が勇気づけられたのか…

って本当に思いました。

もっと早く 妊活って言葉 女性が堂々と妊活中って言えるような

時代であれば、女性、男性拘わらず もっと前向きに

妊娠 不妊治療 周りへの理解や共感が得られたのではないのかと思います。

大島さんも 妊活中には色々なことがあったとおもいます。

食事の改善や運動 生活習慣 病院や排卵チェック

嬉しいこともあれば、涙することもあったと思います。

やめたいと思ったこともあったと思います。

まだまだ、頑張ろうと決意した時もあったと思います。

大島さんの 妊活で私の友人を含め 数多くの女性が勇気づけられ

支えられ 希望が持てたんだと思うと 同じ女性として嬉しいばかりです。

これから、もっと妊活って言葉が広がり

妊娠に悩む女性や男性の支えとなるような言葉になればいいとおもいました

素敵な言葉、行動をありがとうございます。

(広島県広島市 ピーカンさん)




ダイエット効果が期待できるゼニカル

ゼニカルの効果は、食事にをして摂取してしまった脂肪でも、吸収させずにそのまま体外へ排出してくれるというものです。

こういった効果は、それまでのダイエットのおくすりにあった、中枢神経系に作用することでダイエットをさせるというものとはまったく違います。

そういった中枢神経系にはたらくおくすりが苦手だったというひとでも、

あたらしいゼニカルのようなタイプのダイエットのおくすりだったら不安なく摂取することができるでしょう。

その効果はアメリカでおこなわれた治験でも証明されています。

ゼニカルの年間摂取し続けた場合、60パーセントの成人のうち、5パーセントの体重減少の効果がありました。

そのうち、27パーセントの成人で見ると、10パーセントもの体重減少がみられています。

もちろん、アメリカのFDAでは認可もされていますし、たくさんのひとたちがこのゼニカルのおかげで体重を減らしています。

どうやってゼニカルをダイエットにとりいれたらよいかというと、

その方法はとてもかんたんです。

食事をしたら、だいたい1時間以内にゼニカルを1カプセル服用するだけです。

食事後だけではなく、食事中でもよいので、飲み忘れもなさそうですね。

ただ、1回の服用で飲める数は、1カプセルが限界なので、それ以上は飲まないように注意しなくてはなりません。

それから、おなかが空いているとき、胃が空っぽのときには、飲んでも意味がありませんし、胃をいためることになります。

(東京都 みこさん)




ミオナール錠で肩こり解消

肩こりの症状がとてもひどいときに用いられるお薬として有名なのがミオナールです。

このお薬の特徴は、筋肉の緊張をとってコリをほぐすことが可能という点にあります。

筋肉痛がひどいときにも使われます。

ただ、一般的にマッサージや体を温める温熱治療などで症状が改善させるような肩こりには処方はされないようです。

ものすごくひどい状態の人に処方されると聞きます。

お薬ですので副作用がありますから、そういった面でも処方は控えられているのかもしれません。

ミオナールの副作用は、めまいやふらつきなどがあるとされています。

お薬が強すぎるとこういった副作用が発生すると言われています。

ミオナールでは効果がないという人も中にはいるようです。

ミオナール以外にも筋肉の緊張を和らげるお薬は数種類あります。

テルネリンやアロフト、リンラキサーなどです。

これらは中枢性筋弛緩剤に分類されています。

症状の緩和により、寝つきがよくなったという効果を実感されている人も多いようです。

処方してもらう場合は、肩こりや腰痛などの場合は、整形外科を受診するのが良いでしょう。

市販薬にも処方薬よりも少ない量ではありますが、筋弛緩剤の成分が含まれているお薬もあるようです。

初めはそのようなもので肩こりの症状を改善させてみるのも良いかもしれません。

症状があまりにひどいと日常生活にも支障が出てきますので、症状が重い場合はミオナールを一度処方してもらってみてください。

(大阪府 みるくさん)

>>ミオナールジェネリック錠の通販サイトはこちら




ルナハーブは快眠をサポートしてくれるサプリメント

特に日本人は働きすぎとも言われていますが、毎日の残業や不定期な勤務時間、さらに仕事でのストレスなどで睡眠トラブルが発症してしまう場合なども多いです。

ですが、睡眠薬などはやはり体にそこまで良いものでもないですし、本当に病気などで酷い場合を除いては使いたくはないです。

最近はこの眠りやリラックスに効果的なサプリメントも複数あります。

実際に眠るのに効果的な成分が、現代人はストレスで少なくなっている為に、その成分を補う必要性があるとも言われています。

ですからサプリメントなどもたくさん作られているのですが、ルナハーブは、そんなストレスを抱えて眠れないという人の為に作られたサプリメントです。

ルナハーブの良いところは、やはり天然成分を使われているのでとても安心だという事でしょう。

余計な添加物なども使われていませんし、植物由来の休息成分であるゼンブリンやラフマ、バレリアンなどのストレス削減に効果的な成分を配合しているので睡眠の質自体が高くなります。

さらにルナハーブは、GMP認定工場で作られているのでとても安心です。

厳正なチェックを受けているので、品質管理も万全です。

さらに、天然素材のサプリメントは味や香りなどもとても気になるものですが、それも全く気にならずに、むしろ配合されているベリー類の良い香りで、就寝前にも飲みやすいようです。

ベリー類は快眠サポートになるだけではなく、美容などにも効果的なのもかなりのメリットではないでしょうか。

私もそんなルナハーブを是非試してみたいと思っています。

(埼玉県 kotoriさん)

>>ルナハーブの購入はこちら




生理不順と生理痛の緩和にルナベル(低用量ピル)を服用

今年に入って、ルナベルという低用量ピルを飲み始めました。

理由は、生理不順なのと、生理痛が酷い(時折、痛さのあまり気を失う)からです。

ちなみに飲んでいるのはルナベルです。

副作用について詳しく説明を受け、まずは1月分全部飲むように言われました。

私は薬の副作用が出やすく、投薬中止になったものもいくつかあったりしたので心配でした。

飲んですぐのどがものすごく乾き、お水を飲んでも飲んでもカラカラに乾いてしまいます。

そして胃が痛くなって、食事もできません。

こんなに副作用が強いものなのかと愕然としました。

1週間近く副作用に悩まされましたが、その後は慣れてきたようで、そんなに苦痛は感じなくなってきました。

そして1月後、生理的なものがやってきましたが、寝込むほどの生理痛ではなく、ロキソニンを飲めば耐えられる程度。

今までの苦しみはなんだったのか、というくらいです。

その後、2か月3か月と飲んでいたのですが、あるときから手足がしびれるようになってきました。

これはまずいと思い慌てて病院に駆け込んだところ、血液検査をして、多少血液の凝固が見られるという事で、投薬を中止しました。

低用量ピルの重篤な副作用として、血栓症があります。

これが起こりうる可能性があるという事で、結局低用量ピルは諦める事になりました。

その人の体質によって、合う合わないがあるそうです。

私は残念な結果でしたが、生理痛が酷い方は一度飲んでみてもいいかもしれません。

(千葉県 ねころんさん)