膀胱炎は病院に行かず自力で治す

おしっこの時痛かったり、頻繁に尿意を感じたり、ひどい時には熱が出たり。

特に女性の方がよくかかる不快な下腹部の病、膀胱炎です。

膀胱炎にかかり、病院に行くと必ず処方されるのは抗生物質です。

さすが病院の処方するお薬だけあって、膀胱炎にはよく効きます。

しかし、体に必要な菌まで抗生物質で殺されてしまいます。

その結果、免疫がなくなってしまい、今度はカンジタになる可能性があります。

カンジタもかなり厄介で不快極まりない病気です。

私はこれまで二回程膀胱炎の薬でカンジタになってしまいました。

現在はこれに懲りて、膀胱炎の症状が出てもなるべく病院に行かず、自力で膀胱炎を治しています。

ドラックストアには膀胱炎の漢方薬も売っています。

また、クランベリーのサプリを摂取するのも膀胱炎に良いそうです。

がしかし、まずは意識して水分を取ることをお勧めします。

具体的には、てっとり早くお水やお茶をがぶがぶ飲めばいいのですが、やみくもに飲むと、お腹が壊す場合があります。

胃腸が弱い私はてき面にお腹が痛くなりました。

なので、なるべく温かい飲み物を飲みました。

温かい飲み物というと、つい甘いココアなんかが飲みたくなるのですが、残念ながら甘いものは膀胱炎に禁物です。

また、おしっこが出ればいいんだと、ビールを飲んでしまいがちですが、アルコールも甘いもの同様に良くありません。

炎症が進む可能性があります。

ここは甘いものもアルコールも我慢して、なるべく白湯やお茶を飲みましょう。

身体を冷やすのも膀胱炎には良くないそうです。

カイロなどでお腹や下腹部を暖めてください。

お風呂にゆっくり入って身体を温め、新陳代謝をあげるのも良いでしょう。

また免疫が下がっている時に膀胱炎になることが多いので、睡眠を十分にとるなどして、体力をつけることも大切です。

そしてトイレは我慢しないことです。

膀胱炎になると排尿する時痛みがあるので、ついトイレを我慢してしまいます。

また、寒い時期にはトイレに行くのが億劫になったりします。

しかし、それが膀胱炎には一番良くないのです。

せっかく水分を取って、出し惜しみしては何の意味もありません。

とにかく排尿して、排尿と共に悪い菌を流しだしてしまいましょう。

「膀胱炎を引き起こす悪い菌を、おしっこで流して出す」というイメージを頭に描けば、トイレに行くのも億劫ではありません。

これらは膀胱炎の症状が出たらすぐ始めてください。

放置しておくと、自力では治らなくなります。

(富山県  みうさん)




おせちのバイトを探すには11月後半から新聞広告には目を通す!

年末にかけて、バタバタ忙しくなるところは、大手の仕出し弁当屋さんとか、地域の老舗のお弁当屋さんだったりして、その近くの地域には、必ずといっていいほど、新聞広告に募集アルバイトのちらしが入ります。

とにかく、年末、慌ただしくなるので、それを次々、面接されるので、募集することがすでに、もうわかっているのであれば、11月からはチラシはかかさずチェックする事です。

たいていは会社も間に合わせなので、毎年募集するところは毎年この時期になると同じように募集しているはずです。

あと、普通の求人誌でも募集します。

11月頃からは、年末特集というページが盛り込まれることが多いので、そこをチェックします。

たいていは見つかります。

求人誌には、その時その時で、季節の行事的な感覚で、大きい見出しがつけられることが多いです。

そういうのが、書かれている求人誌を買い求めることです。

毎回、募集は同じではなく、しかも、時期により、このときだけしか募集しない、というのが、結構あるので…

一番いいのは、大手のお弁当屋さんでアルバイトする事です。

私の親戚も学生時代にしたことがあるんですけど、調理が好きな人だったら、全然OKみたいですよ。

釜飯を炊けるくらいの人だったら、全然大丈夫です。

スポーツ部の男子とかが、向こうからしたらいいみたいですけどね。

向こうは選り好みを言わないけど、雰囲気的にそんな人を求めているようだったし、できれば重たい物を運べる体力のある人が欲しい感じでしたから。

調理場は火も扱うし、重たい汁物も大きい入れ物に入れたりとかするから、すぐにフラフラになるような人はいらないと思います。

突然、気分が悪くなって休む、だとか、ないようにしましょう。

1人でも欠けたら、現場は大変なので…

食べ物屋さんの箇所を追っていくと、年末前には必ずおせち料理のスタッフを募集していますよ。

どこも、ある程度は人員を必要としますので…

それよりは、すぐに面接にいく方が大切です。

アルバイトは、即、採用が多いので、何週間待ちとか、正社員みたいなことはないので。

面接官の店長や、副店長がその場で見て、すぐに決めることの方が多いからです。

年末とか、何週間だけ、とかいうのは、もう、あんまり考えずに早く面接に行くことです。

もし、入って多少気にくわなくても、みんながいるから、教えてもらうのもみんなだし、自分がわからないことだらけでも、こっそり周りのアルバイトに教えてもらえるし、そこで友だちだってできることがありますしね。

(広島県、どんぐりさん)




年末年始と言えば郵便局の年賀状の仕分けのアルバイト

↓郵便局の年末年始のバイトを探すならこちら↓

年末年始のアルバイトと言えばやっぱり郵便局での年賀状の仕分け作業のアルバイトですよね。

私もした事があるのですが、面接という面接は無く、ほぼ説明会みたいなものですよ。

とりあえず募集人数が多いので簡単に採用されます。

何千枚もの年賀状を配達員が配りやすいように決められた住所の順番に並べていくだけ。

単純作業ですが都会になればまたやり方も違うのかもしれません。

私がアルバイトした郵便局は田舎の小さな小さな郵便局だったので、三が日を過ぎるとほぼ仕事はなくなる状態でした。

それでも、他の郵便物や、お歳暮などの仕分けもありますし、個人情報の漏洩など厳しく管理されていて責任のるバイトではありました。

時給は750円でしたし、短時間のお仕事だったので、忙しい主婦の方や学生さんも沢山いました。

年末年始の合間にアルバイトを考えている人にはオススメです。

短期のアルバイトって年末年始くらいしかあまり募集が無いですし、あってもきついお仕事が多いので年賀状の仕分けは私にとってはおいしいアルバイトでした。

今年もやってみない?と誘ってもらっているのでお小遣い稼ぎに行って来ようかなと思っています。

1度やっているので慣れているし単純作業で良いですよ。

(岡山県  まゆみんさん)




天然素材だけでつくられた健康食品の万田酵素で妊活

不妊に悩んでいる人で、妊活をしている場合には、なによりも一番重要なことがあります。

それは、栄養バランスのとれた食生活を送るということです。とても基本的で、もっとも重要なことですが、簡単に達成するのは難しいことでもあります。

ですが、現代なら、いろいろな健康食品がありますから、過度に心配しなくても大丈夫です。その最たるものが、万田酵素です。

万田酵素には、53種類もの素材が含まれていて、これらを発酵させ、熟成させています。

なので、手軽にこれほどの種類の栄養素を摂ることができるのです。

実際の食生活で、53種類もの栄養素をとることを考えると、それが難しいことはすぐに分かるでしょう。

それが、万田酵素ならば手軽に健康食品として摂取することができるのです。

しかも、万田酵素の商品には、しょうがもふくまれています。女性は、冷えに悩んでいるひともおおくて、そのせいで自律神経の乱れがおこり、カラダのバランスも崩れる人が多いです。

毎月のリズムをととのえるためにも、冷えをとりのぞくことはとても大切ですので、万田酵素でしょうがをとってカラダを中からあたためることはとても大切です。

そして万田酵素には女性にとってうれしい成分がたくさん含まれています。毎日の健康に欠かせないビタミンやミネラルはもちろん、フラボノイドやポリフェノールは妊活をされている女性にはうれしい成分です。活性酸素をおさえて、カラダをサビから守ってくれるはたらきがあるので、カラダの老化をすこしでもおくらせることができます。元気な赤ちゃんをさずかるには重要なことですよね。

それから、万田酵素がほかの商品よりもなぜすぐれているかというと、その品質の高さにあります。

さまざまな食品添加物や加工品に含まれている化学薬品由来の成分が生殖機能に悪影響を及ぼす可能性があることがしられています。

妊活中には、とくにこうした食品に含まれる添加物には気をつけたいものです。その点、万田酵素は、成分が53種類の天然素材のみですから、安心してカラダにいれることのできる健康食品となっているのです。

自然由来の成分以外、素材を一切使っていないですから、もちろん天然素材に含まれているビタミンやミネラルの栄養素もこわされずにそのまま含有されています。

余分な添加物は、場合によっては奇形を産むとの報告もあります。

万田酵素のような良質な栄養素をとることは、健康的な妊活に適したカラダづくりにはとても役立ってくれます。

(東京都 タカクラさん)




背中ニキビを治すお風呂で治す

私は、以前背中のニキビに悩み、よく雑誌などのチラシに載っているエステにお試し体験に一度行ったことがありました。

エステティシャンの方に言われたのが、肩こりなどで代謝が悪い、ホルモンバランスの崩れ、食生活、便秘、ストレスなどが背中ニキビの原因ではないかと言われました。

また、エステの施術では背中の角質を取ったり、パックなどをしてもらいました。

一度お試ししただけでも効果は感じられたのですが、金銭的にエステに通う事は難しかったので、いくつか自分で出来る方法はないかと考えました。

まず、肩こりなどで代謝が悪いと言われたので、シャワーですませていた入浴を浴槽につかるようにしました。

その際は、入浴剤は冷え性に良い物や香りでリラックスできる物などを選んだのですが、香料が強すぎると肌に合わない場合もあるので、気をつけて選びました。

また、汗を少しでもかく体質になるように天気の良い日は、20分から30分ほど歩いたり、ストレッチなども行いました。

汗をかいた場合、そうじゃない時でも衣服を清潔にするようにしました。

食事はスナック菓子や甘い物を控えたり、刺激のある辛い物も控えました。

ボディソープなども、無添加の物にするなどしました。

完全にはニキビはなくなりませんが、以前に比べては、出にくくなったと思います。

コースでエステに通うのは無理ですが、時々、ビジター価格でいける所に行く事もあります。

(北海道 ももかさん)