ゴホンと言えばジェニナック錠

最近PM2.5とか飛んできているみたいですね。

天気予報と並んでPM2.5の分布予測というのもあります。

パソコンの上にも何か細かいチリのようなものが積もっています。

そういえば昨日は北海道あたりに大量に飛んできたとかニュースでやってました。

いやですね。咳ばかりしています。

ごほんといえば龍角散もなめてみましたがどうも喉が痛いのです。

仕事も休みだし、ちょっと病院に行ってみようかな。ο(‘・’〃)ο″

なんて思いながらいつもの医者に会いにいってきました。

「喉が痛くて龍角散では治りません。なんとかしてくださいよ、先生。」

聴診器を当てられて、心臓の周りと気管支あたりの音を聞いている様子。

「はい、お背中もみせてくださいね。」と、おばちゃんの看護師が言います。

はいはい、言われなくてもお背中みせますよー。もう。

「背中の呼吸音は大丈夫ですね。気管支と喉だけでしょう。」と先生の声です。

今日は何の薬を出すのだろうという期待と不安の入り混じった瞬間です。

今日の抗生物質は何系?なに系?といつも構えて待ってます。

ジェニナックとトローチを出しておきます。と言われました。ρ(・・、)

え?なんですかそれ?何系なの?

「何系って、キノロン系だけど、気に入らない?」

「最近、マクロライドの耐性菌が多いからねー。キノロン系に変えてみようか。」

(と言われましたが、キノロン系の耐性菌も多いでしょ、先生。)

と、口には出さず、なんとなくそう思いました。

キノロン系のジェニナックですね。膀胱炎でクラビットを飲みましたけど、それは大丈夫なのだろうかと思いながら、帰宅して飲んでみました。

わりといい感じで効いてます。このジェニナック錠。

喉も気管支も楽になりました。
まだ耐性がついていないのね、と何気なく思いながら・・・。

(北海道 みくにさん)

>>ジェニナック錠の通販サイトはこちら



セフジニルカプセルとジェネリック

今回は風邪ですが、早く治そうと思い病院に行きました。

処方された薬はセフジニルカプセルですが、セフゾンカプセルのジェネリックです。

セフェム系の安全な薬なのですが、これも耐性菌多いだろうなーと思っています。

作用も副作用も同じですが、セフジニルカプセル100mgが39.20円と安めです。

先発品のセフゾンカプセル100mgの方は63.00円です。

この先生、以前にセフゾンカプセルを出したと思うのですが、今回は違うようです。

どうしてセフゾンじゃないのか薬局で聞いてみました。ο(’・’〃)ο″

処方箋のジェネリック変更不可にチェックが入っていたらジェネリックに変更できません。

今回の場合はその逆で、ジェネリック指定で処方されています。

この場合は薬剤師の判断で先発品を出すことはできません。

最近では一般名で処方箋を書くことが多いので、この薬の一般名はセフジニルカプセルです。

一般名を書かれた場合は調剤薬局で先発品でも後発品でも出すことができます。

ところが、このセフジニルカプセル100mgというのがくせものなのです。

一般名なのか薬品名なのかおわかりですか?

これは、100mgがついているから薬品名なのです。

セフジニルカプセル100mgというジェネリック指定の処方箋なので、薬剤師の判断で先発品を出すことはできない。

ということになります。

これでまたひとつ知識が増えた抗生物質オタクのわたしです。

(北海道 みくにさん)

>>セフジニルカプセルの購入はこちら




眼精疲労の解消法は目薬やサプリメント

最近、パソコンや携帯の操作のしすぎで目がかすんだり、肩凝りがひどくなりました。

どうしたらと考え、手っ取り早くダイレクトに効きそうな目薬の購入を決めました。

ドラッグストアの目薬のあるコーナーへ。

でも、手っ取り早くは購入できませんでした。

だって、種類が沢山ありすぎ(^^;)

たたずむこと、しばし・・

・・やっぱり、聞かなきゃダメかも。

薬剤師さんがすすめてくれたのは、たったの2種類でした。

しかも、数ある中でも値段の高いその2種類。

どうして高いの?(口には出せなかったけど…)

ほかの商品の倍はしていました。

説明を聞くと、眼精疲労に有効な成分はビタミンB12とのこと。

ビタミンB12は神経ビタミンとも呼ばれるそうです。

赤い色の目薬なら、それが入っています。

それが含まれる商品がお店には2種類だけ。

しかも「私はこちらを使っていて良い感じです」と言われたほうがより高かったのですが・・

どうしてもそれを買わざるを得ない雰囲気に(苦笑)

成分としては、ビタミンB2も粘膜などの器官の保護には良いそうです。

目薬を購入したあと、サプリのコーナーを見ていたら、ブリーベリーやルテインなどの目に良いというサプリの成分表には、ビタミンB2やB12が含まれるものもありました。

あぁ、(薬剤師さんの話は)本当なんだなって(笑)

色々勉強になった一日でした。

(群馬県 ゆみかさん)




肩こり解消には肩の筋肉をほぐすことが大事

私の肩こり解消法は湿布を貼ったり、自分で揉んだり、マッサージを受けたりいろいろ試してきましたが、現在妊婦で湿布を貼ったりできません。

そんな中でも肩凝りのひどい私はどうしようかと思い、自分で軽く揉んだりしていましたが、時々すごく気持ち悪くなるくらい肩が凝ってしまう時があります。

そんな時見つけたのが妊婦体操の中にあった肩甲骨をやわらげる体操でした。

両肘を肩と同じくらいの位置にあげて肘をぐるぐる回して、回すことによって肩甲骨が動いて筋肉がほぐされます。

肩凝りのツボにけんびきという所があって、そこを押すと肩凝りに効果があるといわれています。

肩甲骨を動かすということはまさにそのあたりの筋肉を動かして刺激を与える事なので効果があるのかなと思いました。

その体操をやりだしてから肩凝りが少しましになった気がしています。

何でもできる時は湿布を貼ったりマッサージを受けたりしても何かまだ凝りが残っている感じがしてもっとやってもらいたいという感じでしたが、今はそれができなくてあきらめているからかもしれませんが、その体操をお風呂あがりにするだけで、あまり凝りを感じない気がします。

筋肉さえほぐしていれば必要以上にいろいろやらなくてもいいのかもしれません。

凝っているという思い込みも結構あるのかなぁと妊婦になってから思いました。

(兵庫県 豆っ子さん)




肩こりの解消にモーラステープL40mgを使用しています

私は激しい肩こりをもっています。そのため、肩の周囲の血流が良くなればいいと思って、マッサージもしてみたのですが、毎日のことなので、あきらめていました。

そんな時、友人の一人が肩こりのために、病院を受診した時、湿布をもらうことができたというのです。

そしてその湿布を貼ることによって、肩が楽になり、仕事がどんどん進むようになったと話していたのです。

そのことから、私も使用してみたいと思うようになりました。

そしてもしかしたら、この肩こりは別の病気と関係していたら大変とも思って、病院を受診することにしたのです。

そして受診の結果は、特に大きな病気でもなく、通常の肩こりと言われるものであろうという診断を受けました。

その後友人と同じように、湿布を処方してもらうことができたのです。

その湿布は、モーラステープL40mgです。

処方してもらってから、早速はって見ることにしました。

すると、貼ったすぐ後から、その部位がじんじんとしてきて、とても気持ちよく感じることができます。

また、それは一日1回しか貼ることができませんが、その威力が長く6時間ぐらい、気持ちよく過ごすことができるので、とても助かっています。

そのため、パソコンを使用するときなど、必ずそれを貼って、作業を行うことにしています。

そしてそのように貼ることをしていると、以前のように頭痛がすることもなくなりました。

肩こりがひどくなると頭痛があったのですが、それもなくなったので、とても嬉しく感じることができています。

(高知県 はるさん)

>>モーラステープの通販サイトはこちら