水谷雅子さんの美容法をマネしちゃえ

美魔女という言葉はあまり好きじゃないけど、見た目年令がすごく若い女性って憧れですね。

45歳の水谷雅子さんは18歳に見える専業主婦の方ですが、ほんと、素敵だなって思います。
自分らしく美を追求して若さを保っているという姿勢が素晴らしいって思うし、何よりそれを楽しんでいるのが素敵だなって感じます。

ネットか雑誌で見たんですが、水谷雅子さんはスキンケアや美容に1日5時間もかけているんだそうですね。
さすがにそれはマネできないけど、自分にもできそうだなっていう美容法なんかはマネして取り入れていきたいなって思います。

例えば、洗濯物を干す時でも日焼け止めと帽子を欠かさないとか、朝食には肌に良い水菜やトマトなどを使ったサラダを食べるなんていうのは、すぐに実行できますよね。

洗顔前にベッドでシートマスクでパックしているそうですが、これも割とマネできそうな手軽なスキンケアじゃないかなと思います。
流行のかっさマッサージもやってらっしゃるようで、年令肌には効果がありそうだし、以前からかっさには興味があったから水谷雅子さんがやってるなら私も・・・って、やってみたくなっちゃいます。

水谷雅子さんは自分の肌や体、何が自分に似合うのかをよく知ってらして、その上で自分に最適な物を選ぶセンスが長けているのでしょうね。
こういう、自分のために頑張っている方は同世代の女性としてやはり応援したくなります。

(東京都 はるママさん)




17歳の時から鳴っている耳鳴りの対処法

私自身、耳鳴りが鳴り出したのは、17歳の時です。

交通事故で寝込んでいて、その時のことを考えていると怖くなり少しずつ耳から音が聞こえるようになりました。

家族に聞いてみても何もなってないと言われ耳鳴りじゃないかと言われて、耳鼻科に行きました。

処方されたお薬を飲んでいくと、治ると思ったのですが、なかなか治りません。

MR-Iで頭の中を調べてもらいましたが、異常がなく、耳鳴りの原因がわかりませんでした。

耳鳴りに効くと言われるツボやお灸などもやってもらいましたが、よくなりませんでした。

体の中に電気を入れる治療もやってもらいましたが、治りませんでした。

現在、33歳ですが、今も治ってないので死ぬまでこのままなのかなとつらく思った日々も今までに何度もありました。

最近では、命の母を飲んだり、漢方薬がいいかもしれないと思い、小太郎漢方製薬、苓桂朮甘湯エキス錠N「コタロー」を飲みましたが効果がありませんでした。

蜂の子も耳鳴りに効くと見て購入しようと思いましたが、値段の高いのから安いのまであります。

値段の高いのは買うことができないので安いのを購入し、今も飲んでいます。

けれど、気休めにしかすぎずよくなりませんが、それでも、治るかもしれないという希望を持ちながらこれからも生きていきたいと思います。

(愛知県 どれみさん)





私のめまいの症状とその対処法について

私は金融機関に勤めていた3年目の夏に初めてめまいを起こしました。

ある日、夜中に突然天井がぐるぐる3回転くらいして驚いて目が覚めました。

そしてそれと同時に猛烈な吐き気に襲われて、慌ててトイレに駆け込んだ記憶があります。

めまいが収まってからも、その日は以後ずっと気持ち悪くて動けなかったため、仕事も休みをもらって家でゆっくりしていました。

祖母がめまい持ちだったので、遺伝かなと思いつつ耳鼻科に行きました。

そうすると、「良性発作性頭位眼うん症」という診断結果をもらいました。

メニエル病とは違うらしいのですが、疲れやストレスが溜まると発症しやすいとのことでした。

その時期、職場では人を減らして少ない人数でかなりの仕事をこなしている状況だったので、疲れやストレスもひどい状況だったので納得がいきました。

めまいの薬をもらいましたが、めまいが収まったのでしばらく薬は飲まずに家で横になっていたら良くなりました。

それからしばらくめまいは起こさなかったのですが、こんどは妊娠中のつわりの時につわりと一緒にめまいも発症しました。

天井が回転するまではいきませんでしたが、天井が揺れたり、寝ていると地面が揺れたりしました。

耳鼻科で、めまいの時は目をしっかり開けて天井の一点を見つめるといいですよと言われたので、そうすると収まりました。

めまいとはうまく付き合っていくしかないと言われたので、あまり疲れやストレスを溜めないようにしつつうまく対処していこうと思っています。

(福井県 ぬーちゃんさん)




乾燥による肌の痒みにリンデロンA軟膏を使って

冬になって乾燥しているせいか、お風呂に入ると4歳の息子が膝の裏をかきむしるようになりました。

「痒いの?」と聞きながら、私はすねをボリボリ(^^;)

私は冬になると粉を吹くくらい乾燥するのですが、この子も乾燥肌なんだな、くらいに思っていました。

しかし、お風呂上がりには真っ赤で若干ぷっくらしています。

ちょっとこれはまずいと思い、保湿のクリームを塗りたくりましたが、あまり良くなりません(><) しばらくするとお湯が熱かったら痒くなってるみたいと気付き、温度を下げたけど、イマイチ綺麗に治らないんです。 それでも保湿だけしながら冬を終え、春になって暖かくなったからそろそろよくなるかな、と期待していました。 すると、今度は花粉症なのか、目をこすって目の周りの皮膚が真っ赤になってきました。 さすがにこれは本人も辛そうなので、病院に連れて行きました。 先生に見せると、「膝の裏はかき壊しているから、放っておくととびひになるよ。」と言われてしまいましたΣ(゚д゚lll) 膝の後ろも目の周りも、リンデロンA軟膏をうすーく朝晩塗ることになりました。
リンデロンAはステロイドが入っているそうです。

詳しく知らないけど、ステロイドって怖いイメージがあります・・・。

塗るのやめたら悪化するみたいな・・・。

でも、ここまでひどいとステロイド入の方がいいのかな、と思って塗っています。

数日たつと、すごく綺麗になってきましt。

良くなってきたら少しづつ回数や量を減らしていってね、とのことなのでもう少し様子を見て減らそうと思っています。

息子よ、早く病院に連れて行ってあげなくてごめんね m( __ __ )m

(岡山県 なっちさん)

>>リンデロンA軟膏の購入先はこちら



ルイボスティーの効能は抗酸化作用、アレルギーの改善、免疫力のアップ

私のお勧めのお茶の一つは、やはりルイボスティーが一つです。

ルイボスティーには様々な効能がある事でも知られていますが、その中でも特に有名な効果が抗酸化効果です。

つまり、アンチエイジング効果が高いという事でもあるのです。活性酸素を除去する作用がある為に、老化の予防にはとても良いのです。

さらに、もう一つのルイボスティーの魅力は、アレルギー体質を改善する働きがあると言う事なのです。

免疫力などもアップされますし、春先などの心配な花粉症などにも効果があるという事です。

私の場合は、やはり寝つきが悪いという事があり、カフェインを含まないドリンクがないかと探していたのですが、ルイボスティーはこのカフェインを含まない事もあり、安心して飲む事ができるのです。

我が家では、よく煎じたルイボスティーを冷蔵庫で保管しておき、いつでも飲めるようにしています。

私のアレルギーにも効果があり、いつも花粉の時期には病院通いが多かったのですが、だんだんと通うほどではなくなってきたのです。これもルイボスティーの効果が感じられた作用の一つかもしれません。

味は少し独特ではありますが、子供でも飲む事ができるくらいの癖なので、誰でも飲めると思います。

健康の為には、一つはおいておきたいお茶なのです。

(埼玉県 loinさん)

>>ルイボスティーのおすすめ購入先はこちら