おすすめの膀胱炎の治療法は(お医者さん、市販薬、サプリメント)

みなさん、こんにちは。

疲れた時とか膀胱炎になりやすいですよね。

膀胱炎になってしまったら、お医者さんに行って、

お薬を処方してもらうのが一番ですね。

たぶん、フロモックスとかクラビットが処方されると思います。

意外に効くと評判なのがクランベリー。

身体を酸性にして、膀胱炎の原因になる雑菌を身体から追い出してくれるようです。

クランベリーはクランベリーの生ジュースもあるようです。

近所で売っているところはないのですが、通販なら買えるようです。

でも、クランベリーのジュースはすっぱいから苦手な方には

サプリメントもおすすめです。

クランベリーのサプリメントはいろいろなところから販売されていますが、

エキスを抽出したタイプより、クランベリーをそのままドライにして、

カプセルにつめたタイプが効くそうです。
クランベリーサプリメント

最後に市販薬。

私が知っている中ではボーコレンというクスリが市販されています。

テレビのCMもしているので、知っている人は多いと思います。

このボーコレンは五淋散(ごりんさん)という漢方薬で生薬の力で、

膀胱炎を治してくれます。

ネットの口コミを見るとと、少しずつ良くなったとか

排尿時に痛みが減ったという口コミもあります。

さて、どれがおすすめかは、私はクランベリーサプリと思っています。

>>クランベリーのサプリメントの購入はこちら

個人差があるので、いろいろ試してみてください。
(結論なくんてすみません)




20代がファンデーションを選ぶときは肌負担を減らし、素肌感を大切に。

若い時は、正直ファンデーションなんてどれを使っても同じだと思っていました。

なので、とにかく安いものを探して買っていました。

私は今26歳です。さすがにこの歳になるとそうも言ってられなくなってきました。

私はもともとニキビが出来やすい体質で、若い頃は出来てもすぐに治り、跡もまったく残らなかったのですが、歳を重ねるごとに一度ニキビが出来てしまうとなかなか治らず、しかもニキビ跡が残ってしまうようになりました。

少しでも肌への負担を減らそうと、今は肌に負担のかかりにくい、天然成分を使ったファンデーションを使うようにしています。

それから次に大切なのがカバー力です。

目立つようになってしまった毛穴や、ニキビ跡を隠すためです。

「隠すメイク」はしたくないと思っていましたが、歳を重ねると仕方がないものですね…(笑)

今まではパウダーファンデーションを好んで使っていたのですが、最近ムラが気になるようになってきたので、リキッドファンデーションに変えようか悩んでいます。

パウダーの方が素肌感が出る気がしてずっとパウダーを使っていたのですが、リキッドの方が肌には馴染みやすそうですよね。

そのあとフェイスパウダーなどで整えれば、素肌感っぽい仕上がりも期待できるのかなと思っています。

私はそんなに化粧品にお金をかけられないので、買いやすいお値段の化粧品を愛用しています。

歳を重ねるごとに少しずつ高いものに移行していっているのですが、それでもたぶん、周りの同世代からしたら安いものを使っているんじゃないかなと思います。

必ずしも高ければいい、というものではないと思うので、自分の納得できる、自分の肌に合ったファンデーションを選ぶことが大切だと思います。

(東京都 サキさん)




眼精疲労にルテインのサプリメントがおすすめ

私はPCを使う仕事をしているので、眼精疲労になります。

それに年だというのもあります。

そこで、調べてみると、ルテインのサプリメントがいいようです。
ルテインサプリメント

楽天なんかにルテインの口コミがありますが、見てもらうと、評判がいいです。

その中でも、天然のルテインだったり、ルテインの含まれている量が多い方がよく効くようです。

そこで、見つけたのが、このルテインのサプリメントです。

値段は7480円と高いのですが、1日分の含有量40mgは十分ですし、

2本セットだと12600円で1本あたり6300円。送料も無料になるのでおすすめです。

>>ルテインのサプリメントの購入先はこちら




サインバルタ20mgは効果のある薬かもしれませんが…(^ω^*)

サインバルタ20mgについて。

2012年頃に医師(メンタルヘルス)から奨められて飲み始めた比較的新しい薬です。

1日1錠の投薬でしたが、飲み始めてすぐに効果があらわれた薬のひとつです。

まず、他人と積極的、自然に接することができるようになり、
体温が上昇するような感覚がありました。

地に足がつかないような、浮遊感を感じることも…。

効果的である反面、薬の血中濃度が下がった(薬が切れた)ときの精神的な変化が大きく、
効果が大きいだけに落差が激しいので注意する必要があるかもしれません。

私の場合は仕事中に強いめまいと眠気が起きたこともありました。

仕事をしている人は、
投薬については先生とよく相談して服用のタイミングなどについて
話し合ったほうがいいかもしれません。

私の場合は改善策として、
デパスの0.5mgを1日3回併用することで中和させました。

副作用としましては、
便秘や膀胱炎などの身体的障害があらわれ、
慣れるまではとても辛かったです。

また積極性が生まれたぶん、
定期的な睡眠が取りづらくなったので、
結果的には併用する睡眠薬の量が増えてしまいました。

うつがひどい人にとっては、
効果のある薬かもしれません。

長期的に投薬すれば効果が得られたのかもしれませんが、
私の場合は身体的な副作用が顕著にあらわれ、最終的には身体が持たなかったので、
4週間ほどで投薬を中止する結果になってしまいました。

私はうつ以外の症状もありましたので、
この薬の代わりとしては、ジプレキサの2.5mgをすすめられました。

喘息の発作に瞬時に効くメプチンエアーは通販で買うことができます。

私がお勧めする喘息の薬は大塚製薬のメプチンエアーという定量噴霧式気管支拡張剤です。

メプチンエアーは市販されていませんが、通販で買うことができます。

どうも、難しいような名前ですが効能はとっても簡単。

喘息の発作が出て苦しい時にシュッと薬を噴霧してそれを思いっきり肺へと吸い込むのです。

すると、スッと薬剤が気管支に吸収され瞬時に発作を抑えてくれるという喘息持ちとしてはお守りの様な薬なのです(・∀・)

しかしながら、即効性ですので代償としてシビアな使い方が欲求されます。

まず、苦しいからといって、メプチンエアーを沢山吸ってはいけません。

メプチンエアーは少量でも気管支を拡張させる効果があるため、沢山吸ってしまうと命の危険すら生じてしまいます。(((n;‘Д‘))η怖いですね。

さらに、吸った後は舌に薬剤が付いたりしていますので、絶対に口をゆすいでください。

薬剤が付いたままですと、そこから吸収されるため手の震えや動機などが起こる可能性があるからです。

実際、私はこの「口をゆすぐ」という効果を甘く見ていたため、せっかく発作が治まったにもかかわらず夜中に手の振るえと動機で眠れなくなるという体験をしています(;´Д`)

私の体験からも、メプチンエアーの使い方は絶対守った方がいいでしょう。

これを読むと、メプチンエアーはなかなか怖い薬と思うかもしれません。

しかし、かかりつけの医師の言う通りにメプチンエアーを使用すればトラブルは起きません。

そして、しっかりとメプチンエアーの使用方法さえ守ればいざという時に自分を助けてくれる大切な薬の一つとなるでしょう。

旅行先で発作が出たなどの医師のいない状態で発作を鎮めてくれる小さいけれど頼もしい薬なんです。

私は常にポーチに入れて持ち歩いていますからね。

これで治まらないような発作が出たときは迷わず病院に駆け込んでくださいね(;・∀・)

メプチンエアーは海外からの個人輸入サイトから通販で買うことができます。

>>メプチンエアーの通販サイトはこちら




メプチン錠も海外からの個人輸入で購入することができます。
100錠2857円で送料も込みです。
病院に行く手間、病院で待つ時間、診察料を考えると助かります。

>>メプチン錠の購入はこちら