20年後も成人式に私の振袖が

私が成人式を迎えたのは、20年も前のことですが・・・

当時、親の商売が上手く行っていた頃だったので、
振袖、帯、その他一式を親が買ってくれました。

付き合いのある業者の展示会に行き、
私が一目惚れしたのが「琉球紅型」風の紫の反物。
当時、赤やピンクが主流だったのでかなり地味目でしたが、
長く使えるということで親も納得。

髪型も、高い位置での若々しい派手なまとめ髪がほとんどと言う中、
「自分には似合わない」と言う理由で、美容師の反対を押し切って
低い位置のシニョンにしてもらいました。

結果、周りの女の子たちとは一味違った、
いい意味で目立つ装いとなり、親や親族、
着付け・ヘアセットをしてくれた美容師たちからも好評でした。
その後も身内の結婚式などで何度か着て、人にも貸し、
大活躍した振袖です。

そして、時が流れて、去年。
若くして結婚した友人の長女が成人式を迎えました。
親の経済状況を気遣ってか、元々人と同じなのはイヤだという
性格のせいか、「私は振袖は着ない」と言う長女を不憫に思い、
実家に置きっぱなしにしてある私の振袖を着ないか?と提案しました。

友人も長女も、私の振袖写真を見て気に入り、
実に20年も前の、彼女の親世代の昔の振袖を着て、
成人式に参加してくれました。
準備の段階では、周りの友達にもうらやましがられ、
親の振袖を捜す子までいたとか。

私自身も、私の兄妹にも子供は男の子しかおらず、
あの振袖を着てくれる女の子が身内にいないので、
出来上がった写真と喜ぶ友人母子の感想を聞き、
母も私も感無量でした。