蕁麻疹がでたらすぐに病院で飲み薬と塗り薬を処方

私は小さい頃は良く蕁麻疹が出来る体質でした。
そして、大人になってもたまに出来ていて、最後に発症したのは10年ほど前で最後です。
それ以来は出来ていません。
蕁麻疹が出る時は大体、下着のゴム部分のような肌が締め付けられる場所から痒みが起きはじめます。
蕁麻疹を何回も経験しているとこれは蕁麻疹の前触れだと分かってきました。
下着のゴム部分を見ると赤くポツポツと虫に刺されたような跡が下着を沿うように出始め、その後、手や脚、背中、お腹など全身に出来始めます。ひどい時は頭皮まで症状が出はじめ
夜は痒みがひどく、寝れませんでした。
薬局でじんましんに効果がある市販の飲み薬と塗り薬を母が買ってきてくれてそれを飲み塗り薬を塗ったのですが、一向に良くなりませんでした。
次の日になったら少しは治まるかなと期待していたのですが全く良くなる気配がないので、病院へ行く事になりました。
私の場合、原因が何か分からなく、何かを食べたから蕁麻疹が出たわけではないので防ぎようがないのですが、とりあえず、お医者さんに見てもらい、飲み薬と塗り薬を処方してもらいました。
家に帰り服用したら、さすが病院の薬は良く効くもので、すぐに症状は治まり、次の日には症状は軽減されました。
それがあって以来、蕁麻疹が出たら、すぐに病院へ行く事にしています。

(栃木県 m.kさん)