膣が痒かった経験!カンジダには婦人科で処方される薬が効く

初めてのことだったと思いますが、妊婦になってある日なんとなく「おりものが痒い」と気になりだしましたが、多い方でもあったので放っておいたものの、きちんと洗っても痒みが増していくので定期健診の時に「カンジダだね」と医師から言われ、塗り薬でもって痒みを抑え、その際の性交渉はとてもではありませんが赤く腫れてしまっていたので治るまでは何が起きたのかといった状態でした。

いわゆる、体の免疫が落ちている時に悪化することが多いのだということですが、やはり産後にかかってしまったりしましたが、塗り薬が最近は市販でも売られているので「あ、またか」となると市販薬で様子を見て、あまり酷い場合などは婦人科できちんと他の細菌ではないかと検査はしてもらうようにしています。

普段おりものが多い人にはあまり悩むことではありませんが、自分は普通にパンツを履いている上に「おりものシート」というものを付けています。

1番メリットなのは、汚れない、ということもありますが長時間おりものが多いままで居るとかぶれや臭いも気になるので必須アイテムです。

そして、自分で清潔にすることで悪化を防ぐ効果もあるのか、あまり再発しなくなりました。

ちょっとした工夫と早めにおりものチェックをすることで、カンジダは抑えることが出来ると思います。

それと年齢に関係なくカンジダは発症すると聞いているので、やはり下着は清潔にしておくことが大事であると私は思っています。

痒みが出たら、婦人科で処方されるカンジダの塗り薬が1番効きます。