膀胱炎は早めに自分で対応

疲れている時、免疫が下がっている時に膀胱炎はかかりやすくなります。

特に尿道の短い女性はかかりやすいといわれています。

元気なときは撃退できる菌が、身体が弱っていると負けてしまうのですよね。

何の病気でもそうですが、やはり弱いところに出るというか・・・。

かかりやすい人は何度も患うのが膀胱炎です。

ズバリ、私はそうです。

膀胱炎になると、すぐ気が付きます。

すごくトイレに行きたい気がするのに、行ってみてもほとんど排尿がありません。

ほんの少量の排尿なのに、すごく痛い。

初めは「アレ?」って感じでしたが、回を重ねるとすぐにピンと来るようになります。

そんな時、まず最初にすることは大量に水を飲むことです。

膣から尿道に菌が侵入したことが原因ですから、大量に水を飲んで、排尿することで身体の中から菌を出せばいいのです。

とにかく、飲めるだけ飲んで排出するのが第一です。

水だけだと飲みづらいので、体に吸収されやすいスポーツ飲料やOS-1などの薬用の飲料も有効的です。

もちろん、ウーロン茶や紅茶などの排尿効果の期待できるお茶でも大丈夫。

とにかく、排尿できればオッケーです。

それと同時に、病院で処方してもらえる抗生物質を含む膀胱炎薬を飲むことをおススメします。

クラビットやフロモックスなど抗生物質があるので病院の先生に相談してみるといいでしょう。

クラビット

フロモックス

クラビットやフロモックスは通常市販していませんが、海外からの個人輸入なら簡単に入手することができます。

海外の個人輸入ならの、病院に行く手間もかかりませんし、いつでも入手できます。

また、海外のサイトといっても日本語のサイトで、日本のクレジットカードが使えるので便利です。

膀胱炎は再発しやすい病気ですが、簡単に直るので自分で対処を覚えておくととても便利です。

と同時に「疲れている」という身体からのメッセージでもあります。

そのメッセージを受け取ったら、まずはゆっくり休むことを心がけてくださいね。

(東京都 やよいさん)

>>クラビットの購入はこちら

>>フロモックスの購入はこちら