膀胱炎の治療にオーグメンチン配合錠RS

この冬に今まで健康で風邪をひく事すら珍しかったお幼馴染のYちゃんが膀胱炎に初めて罹った、その時のエピソードです(*^_^*)。

去年の年末に会社の忘年会があって、バーを貸し切ってみんなで盛り上がってお酒に強いY ちゃんはビール、カクテル等次の日が休みという事もあって、ガンガン飲めるだけ飲んだそうです。

しかし、この酒豪ぶりが後の悲劇を招く事になろうとは、その時彼女は知る由もなかったのです((+_+))。

次の日朝からとにかく寒い一日でした。そんなにお茶も飲まないのに、頻繁にトイレに行き尿意を我慢出来ないのです。

寒気と頻尿にせっかくの休日を使い果たしたYちゃんは、「これは何かの病気に違いない(ー_ー)!!」と確信しました。

次の日、会社を休んで、病院へと向かい頻尿があるので泌尿科を受診したのです。

まず、検査用の紙コップを渡され、採尿をしました。

それから暫く待合室で待っている間にも、トイレに何度も行ったそうです。

尿検査の結果、「膀胱炎」と診断されました。

抗生物質で様子を見るようにとの事でした。

オーグメンチン配合錠RSという、銀色の光を中に通さない頑丈な袋で覆われています(+_+)。

1日3回飲んで、4日目には頻尿もなくなり元の元気なYちゃんになりました(*^_^*)。

>>オーグメンチン配合錠RSの購入はこちら