膀胱炎でもなんでも効く薬はクラビットと排膿散乃湯(はいのうさんきゅうとう)

膀胱炎に効く薬は大きく分けて2種類あります。

一つは即効性のある、ニューキノロン系の抗菌剤です。

もう一つは感染初期に使う漢方薬です。

泌尿器科に行くと必ず出されるのが、ニューキノロン系のクラビットがメインです。

タリビッドもありますが、ちょっと高価でマイナーです( 。・_・。)

病院に売り込みに来るMR次第で扱う薬は変わってくるので、薬品名は何ともいえないですが、ニューキノロン系です。

誰が何と言おうとニューキノロン系。

クラビットと断言しておきます( ̄0 ̄;)!!

病院と契約している調剤薬局の在庫次第で処方薬も違ってきますが、基本的な部分は変わりません。

最近ではニューを付けないでキノロン系と呼ぶこともありますが、どっちでも問題ないですー!

病院と薬局が連携されると面倒です_(__)ノ彡☆ばんばん!

あの調剤薬局の手数料の高さはなんですか_(__)ノ彡☆ばんばん!

薬をもらおうとすると、いちいちいちいち症状を聞かれたり、薬の説明を受けたりします(・・、)

「これは私が医者に頼んで出してもらったんだから、説明はいらん!」といったらおとなしくなります(^^;

それはともかく、もう一つの漢方薬の方は排膿散乃湯(はいのうさんきゅうとう)というものですが、歯肉炎、扁桃炎、膀胱炎に効きます。

漢方の抗生物質みたいなもんです。

みたいなもんです。って適当に言ってるんじゃないですよ。
真面目です。

一応わたくし、薬剤師なもので、この説明で大丈夫だと思います。
失礼いたしました。

(北海道 千歳のぽちさん)

>>クラビットの購入はこちら