腰痛に活躍するロキソニンテープ

姿勢が悪いせいか、普段座って仕事をするせいか時々ひどい腰痛に悩まされます。

ぎっくり腰とまではいかないのですが、あぶない!と感じる瞬間があって自分でもわかるのです。

一番ひどい時は年末の片づけなどをしている時でした。

ゆっくり歩くことはできても前かがみにもなれないし、椅子に座ることも苦痛なほどのひどさでした。

年末年始は医療機関もお休みになるので、あわてて整形外科にかけこみました。

急性腰痛症と診断され、痛み止めの飲み薬とロキソニンテープという外用薬をもらいました。


飲み薬でかなり楽にはなりましたが、すぐに治るというものではありません。

ロキソニンテープはいわゆるシップらしいシップで、腰に貼り1,2時間くらいするといつの間にか痛みが軽減します。

ロキソニンテープはシップ型の中でも比較的効果が長く続くと言われました。

夜貼って寝て朝までそのままで良いと言う事だったので、そのようにしていました。

朝起きたらはがして、しばらく間を置いた方がよいとのことだったので、1時間ほど空けて張替をしていました。

多めにもらったので、年始まで大活躍しました。

安静にしていたこともあって、ずいぶん痛みは引いたので飲み薬は1週間でやめました。

その後ロキソニンテープだけもらっておいて、残った分は少し調子が悪くなった時に使っています。

市販のものもあるようですが、やっぱり整形外科でもらうものが効く気がします。

(京都府 ばななんさん)

>>ロキソニンテープの購入はこちら