生理痛を軽減させるための豆知識(ロキソニンと布ナプキン)

二十代になって社会で働くようになってから、
年々生理痛が悪化していて痛みを患うようになりました。

私の生理痛は生理が始まった初日だけのものなので軽いほうかもしれませんが、
その分初日はずっと痛みが続きます。

特に体が冷えやすい冬場の季節は、
夏場に比べて生理痛の症状が重い様な気がしています。

仕事にも支障が出てしまう事がありますので、生理になってしまったときは、
ロキソニンという薬を飲むようにしています。

昔はロキソニンは病院で処方されている薬でしたが、
最近は薬局などでも販売されているので手に入れやすいから
仕事でなかなか病院に行く時間が無い私にはとても助かっています。

ロキソニンを飲めば、生理痛で苦しむこともありません。

中には薬を飲んでも、痛みが治まらない人もいると聞いたことがあるので
薬で症状が治まる私は幸せ者だと思っています。

ロキソニンは副作用も特になく、自分にあっています。

薬だけに頼るのではなく、体の改善も大切だと思い生理痛を和らげるために色々な対策をしています。

まずは、体を冷やさない事です。体の冷えは、
生理痛だけではなく色々な不具合を生み出してしまうので薄着などはなるべくしないようにしています。

また、生理の時に使用するナプキンを布ナプキンに変えました。

布ナプキンは、洗濯する手間がありますが、
肌にも優しくむれないし変えてから生理痛が大分治まりました。

生理痛がひどいと病気の可能性もありますので、
定期的に婦人科で検査をしてもらい子宮の状態をチェックしてもらっています。