生理痛に鎮痛薬ロキソニン

10代後半から20代前半は特に生理痛がひどかったです。
知人に相談したら、「子宮内膜症じゃない?」と言われ婦人科を勧められました。

当時独身で出産経験もなかったので、抵抗がありましたが診察受けました。
先生には、子宮はキレイですと言われほっとしました。
ただ、痛みが来る前に鎮痛薬「ロキソニン」を飲むことを勧められました。

私は薬を使用したくなかったので、必死に我慢していました。コツとしては、
痛みが来る前に早めに飲むといいそうです。
今は、ドラッグストアでも購入できるので助かります。

ひどい時は歩けないほどのお腹の痛みと腰痛でトイレで大量に嘔吐することもありました。

その後鎮痛薬を上手く使うことで耐えられないほどの痛みを感じる事がなくなり、本当に良かったです。

生理痛の原因は、血液が詰まって下に落ちてこないことが原因だも聞きました。

ですので、特に生理1日目・二日目が一番症状がひどいと思います。

薬のほかには、カイロでお腹を温めることで血液の流れが良くなります。

また、体を動かすことで気を紛らわし精神的に楽になると思います。

さらに代謝も上がり体も温まって、
より効果的だと思いますので、是非試して頂きたいと思います。

個人差にもよりますが、生理痛は出産すればほとんどなくなります。
生理痛は経験した人にしか分からない本当に辛くて苦しい痛みですが、
自分に合った解消法で上手に付き合っていくしかありません。

あまりネガティブに考えず、将来子供を授かる準備をしている健康の証と思ってポジティブに考えましょう。