生理不順と生理痛の緩和にルナベル(低用量ピル)を服用

今年に入って、ルナベルという低用量ピルを飲み始めました。

理由は、生理不順なのと、生理痛が酷い(時折、痛さのあまり気を失う)からです。

ちなみに飲んでいるのはルナベルです。

副作用について詳しく説明を受け、まずは1月分全部飲むように言われました。

私は薬の副作用が出やすく、投薬中止になったものもいくつかあったりしたので心配でした。

飲んですぐのどがものすごく乾き、お水を飲んでも飲んでもカラカラに乾いてしまいます。

そして胃が痛くなって、食事もできません。

こんなに副作用が強いものなのかと愕然としました。

1週間近く副作用に悩まされましたが、その後は慣れてきたようで、そんなに苦痛は感じなくなってきました。

そして1月後、生理的なものがやってきましたが、寝込むほどの生理痛ではなく、ロキソニンを飲めば耐えられる程度。

今までの苦しみはなんだったのか、というくらいです。

その後、2か月3か月と飲んでいたのですが、あるときから手足がしびれるようになってきました。

これはまずいと思い慌てて病院に駆け込んだところ、血液検査をして、多少血液の凝固が見られるという事で、投薬を中止しました。

低用量ピルの重篤な副作用として、血栓症があります。

これが起こりうる可能性があるという事で、結局低用量ピルは諦める事になりました。

その人の体質によって、合う合わないがあるそうです。

私は残念な結果でしたが、生理痛が酷い方は一度飲んでみてもいいかもしれません。

(千葉県 ねころんさん)