月経前症候群PMSを対処するためのいくつかの方法

PMSとは月経がはじまる一週間から二週間前からおこり、月経開始とともに焼失する
周期性の身体的、精神的症状を示す症候群です。

症状として身体面では、頭痛やむくみ、にきび、めまい、異常なほどの睡眠欲、下腹痛、
乳房が張るなどが挙げられ、精神面では、不眠や憂鬱、無気力、パニック、涙もろい、
緊張、怒りっぽい、集中力低下、疲れやすいなどがあります。

身体的症状は、出産の経験のない方に多くみられ、精神的症状は、出産経験のある
30代に起こりやすいのです。

このPMSを対処するには、有酸素運動を一週間に三回ほどは行うことや、低用量ピルを
用いてにきびなどを改善すること、食事を改善し、豆類や緑黄色野菜、海藻類、植物油脂を
主に摂取し、砂糖や塩分、カフェイン、アルコール、小麦粉、添加物などは避けることが
重要となってくるのです。

女性にとってPMSはすごく大変な問題ですよね。

ホルモンバランスが乱れ、イライラしてしまったり、八つ当たりしたくない人にまで
当たってしまったり、自分ではコントロールができなくなってしまうものです。

私も普段は不眠がひどいのに、月経前は睡眠欲が異常にあり、常に眠いといった状態です。

そんな方も少なくないと思いますが、食生活や、適度な運動、お薬などで改善されるので、
症状のひどい方は試していただくといいと思います。

女性にしか分からないこのPMSの悩み、一人で悩まずに皆さんで共有していきたいものですね。

自分だけだと思わず、誰かに話してみたら「私も同じ症状だよ」という仲間が
案外いるかもしれません。

皆さんの悩みが早く解決しますように!!