排卵日のおりもの特徴

おりもので排卵日が予測できるようです。

納豆のように糸を引くおりもの、
良くのびる卵白のようなおりものが出たした後に排卵があるとよく言われています。

しかし、おりものの出方は人によって全く違います。
更におりものがあってから2~3日後に排卵する人、同時に排卵している人といろいろのようです。
そのたはめ長く観察してみるのがいいと思います。

そして、おりものだけでなく、基礎体温法や排卵日検査薬法と併用してみるのがいいかと思います。

排卵の前に下腹痛などがあることがあるので、体の変化をメモしておくと排卵日の予測に役立つと思います。

自分で予測するのが難しかったら、病院に行って卵胞チェックをしてもらう方法もあるようですよ。エコーで卵の大きさを見てもらい、いつ頃排卵しそうかを教えてもらうのです。

さて、排卵日が予測できたら、
卵子の寿命が1日、精子は3日と言われていますから、
そろそろ排卵かなと思われたら、早めの時にだんなさんとなかよくするといいと思います。