成人式の服装はスーツ

小さい頃から、「男かな?女かな?」と言われていた私は、
可愛い服というよりは、カッコいい服が好みだった。
親もそれを承知していたのか、諦めていたのか、まぁ、成人式の振袖なんかは買えばお金がかかるし、
あっても他に着ていくところもないわけだから、タンスの肥やしになるだけだし、
借りるとしても、結構準備やお金が掛かったりして面倒くさいしということだったのか、
私が、「成人式は男性用スーツで行きたい」と言ったのをすんなりと了承してくれました。
紳士服屋さんでは、2着買うと割り引きみたいなものもあって、ついでに兄のスーツも買うことになり、
家族でゾロゾロと紳士服屋さんに行ったのです。
そこで、いろいろと見て回り、1着、気に入ったものを見つけました。
こげ茶のダブルのスーツです。
さすがに、パンツは長かったのですそ上げを頼もう、とレジに行きました。
すると、店員さんは、兄のものだと思ったらしく、
「お兄様ですか?」と聞いてきましたが、「いや、私のです」と答える私。
一瞬、「え?」とした表情になった店員さんの顔はいまだに忘れられません。
それでも、そういう人は稀にいるのでしょうね、それからは普通に売ってくれましたし、
内ポケットに名前を入れてもらいました。
それから、そのスーツに合う革靴と、帽子も買い、それで成人式に行きました。
同級生たちはきれいな振袖や、ドレスみたいな感じの子がほとんどでした。
やっぱり、そっちにすればよかったかなぁとも思ったけれど、
中学時代の悪友で私と同じように「男かな?女かな?」なんて思われていた女子も同じような格好をしていて、
少しホッとしました。