慢性の炎症にロキソニンテープ

以前、仕事で腕を痛めたことがありました~_~;

ず~っと同じ姿勢の作業で、医者に行った時には「慢性の炎症」だと言われました(/ _ ; )

腕だけじゃなく、指も動かしにくくなっていたところに出されたのは【ロキソニンテープ】??ただの湿布だと思ってましたが、意外と効き目がありました*\(^o^)/*

最初はかぶれを心配しました。それまで湿布とは無縁の生活をしてきたので、かゆみが出ることに恐れがあったんです。そしてそれは杞憂で終わりました^ ^

夜、寝る時に肘に湿布。肘の関節に炎症が慢性化していたため(-。-;

朝、一旦剥がし皮膚を洗い、出勤前に新しいものをペタリ^_-☆

午後から、疲労に合わせて新しいものに交換。

ロキソニンテープの効果は8時間位だったと思いますので、仕事の状況に合わせて休憩後に変えてました。

これだけ貼っていても、気になったのは湿布の跡くらい。

ちょっとむくんだ時のように、分かりやすく形が残ったかな?と言う程度でした。かゆみはありませんでしたよ(*^^*)

ロキソニンテープを貼っているうちに、炎症の痛みも和らいでいました*\(^o^)/*

ハサミで切りやすく、貼り直しをしやすかったのも良かったです。私はロキソニンテープの上に保護ネットをしていました。

そのおかげで、寝ている最中でも剥がれませんでしたよ(笑)

湿布のにおいは貼り始めは気になりましたが、時間が経つと薄れていった気がしました。

(岐阜県 左腕さん)

>>ロキソニンテープの購入はこちら