息子のアトピー体験談

息子がアトピーを発症したのは、1歳半のときでした。
それまでにも、アレ?っと思うことはありましたが、たいしたことはありませんでした。
しかし、4歳上のお姉ちゃんが幼稚園に入って、お友達のおうちに遊びに行くようになってから、
出されたおかしを食べるようになってからだと思います。どんどんアトピーの症状が出てきました。
毎日毎日かきむしり、かゆいかゆいと泣く息子をなんとかしなければと、近所の病院へ行ったけど、
全くアトピーのことは理解してないようなところでした。

それで、食事療法をやっている、京都でも有名な病院に行きました。
採血の後、詳しい説明、その後栄養士さんの食事指導がありました。
息子は、牛乳と卵に関しては完全除去、大豆、小麦は部分除去という結果でした。
大変細かい食事指導をしていただき、とにかくやっていきました。
動物性たんぱく質は同じものが続かないようにし、普通のパンはダメで薄力粉を使ったパンにする。
砂糖はてんさい糖にする。油はごく少量、野菜をいためるときに使う程度。
本当に大変でした。その後、1ヶ月に1回通院して様子を診てもらい、徐々にゆるめていきました。
幼稚園に入る前、1度わたしの友人がごちそうしてくれたもので、目や口が腫れたのを最後に、
きつい症状はおさまりました。幼稚園に入るのもとても心配でしたが、そのころにはずいぶんよくなり、
小学校に入って、卵も食べられるようになり給食も徐々にみんなと同じものが食べられるようになりました。
最初に受診した日は、こんな日が来るとは想像できませんでしたが、今はもう何でも食べられるしよくなりました。

アトピー薬