子どもののあせもをキンダベート軟膏で治す

こどものあせもにキンダベート軟膏を使っています。

上の子が赤ちゃんの時に病院で処方されたのがきっかけで、下の子があせもになった時もお医者さんに頼んで処方してもらいました。

こどもってすぐあせもになりますよね。夏場になると汗のかきやすい腕や背中、額にすぐにできてしまいます。
こどもがあせもになったとき、真っ赤になってだんだんひどくなると可愛そうですよね。

軽いうちは、シャワーをこまめにして清潔を保ったり、頻繁に着替えさせたりとするのですが、夏場の暑さであせもの悪化のスピードは驚くほどです。

見た目だけならまだ良いのですが、かゆみがでてきて掻き毟ってしまうとかわいそうです。

悪化する前に、キンダベート軟膏で一気に治してやると、その後のケアもしやすくて良いですよ。

こどもにはなるべく薬を使わないほうが良いという方もいますが、こどものお肌は繊細なのでいったん治してリセットしたほうがこどものためにも良いと思って使っています。

キンダベート軟膏は強い薬では無いとお医者さんも言っていたので安心してつかっています。

今後も、夏が来るたびにあせもはできると思います。

こどものあせもがひどくなりそうな時のお守りとして一本持っていたいと思っています。

(兵庫県 トミトミーさん)

>>キンダベート軟膏の購入はこちら