婦人体温計とは

婦人体温計はホルモンの働きによって変化する体温を測定するものです。
このホルモンの働きで変化する体温は0.3~0.5℃という微妙な温度なので、
目盛りが細かい「婦人用体温計」を使って舌の下で測ります。

基礎体温は朝覚醒後、体を起こす前に測った体温のことです。

基礎体温は、排卵があると低温期と高温期に分かれるのでます。

婦人体温計は小数点二桁まで測ることができます。

基礎体温を測るときは婦人用体温を使用し、脇ではなく、舌下(ベロの根元に差し入れて)で測定します。