大人のニキビは中身から治しましょう

中高生のころの、油ぎとぎと肌のニキビと違って、20歳も半ばを過ぎてからのニキビはお肌そのものへのケアだけではなく、身体の内側にも何かしらのケアが必要な気がします。
平たく言えば、お肌だけになにかつけても治りが格段に遅いのが現実です。
たいていの大人になってからのニキビは、疲れとストレスとセットになっているのではないでしょうか。
私の場合は仕事が忙しすぎて睡眠不足にプラスして食事のバランスが崩れたときにテキメンに顔中にニキビがぷつぷつ出てきます。

そういうときにはまず、ニキビ自体には中学生の時からお世話になっている明色化粧品の「美顔水」でケアをします。

美顔水、香りに好き嫌いがあるでしょうが私にとってはあの香り自体がすでに薬。
あれをかぐだけで治った気になっています。コストパフォーマンスも大変よいですから、ニキビに悩んでいる人は是非一本常備することをおすすめします。

そして肝心の身体の内側のケアはエーザイの「チョココラBB」です。

これはもうニキビ肌荒れ口内炎には決定打!と言って良い素晴らしい効果の飲み薬ですよね。
ひたすら飲み続けると、ニキビの原因となっていた全身の疲労も抜けていくのが分かります。
この、「身体の外側と内側」のケアをきちんとするとまたうそのようにすーっと引っ込んでいくのが私の大人ニキビの特徴ですね。
あの、いつもいつもお肌にあった中高生時代の油ぎとぎと肌ニキビとは、根本的にちがうのだなぁ、としみじみ感じると同時にケアの仕方も違ってあたりまえなのだと感じております。