双極性障害にもエビリファイ

統合失調症だと、社会生活を送るのもとても大変ですが、

エビリファイのようなおくすりの力をかりれば、きちんと社会生活も続けられます。

エビリファイを利用して、薬物療法によっていままでのような生活を維持できている人もたくさんいます。

それに、抗精神病薬というと、ふるえがひどくなったり、カラダがこわばったりと、

副作用の心配をしている人も多いかもしれません。

しかし、その点エビリファイは、副作用が改善されているので、過度な心配をする必要がありません。

もちろん、まれにですが、ふるえやこわばりといった副作用が現れる人もいますが、

これまでの抗精神病薬にくらべればとても少ないといえます。

エビリファイの副作用というと、のどがやたらかわいてしまうので、

水をたくさん飲むことになるというものが多いです。

しかし、ふるえやこわばりのような副作用は自分では対処のしかたも難しいので、

そんな副作用が起こるよりは喉がかわくほうがまだましかもしれません。

エビリファイは、双極性障害にも出されるおくすりです。

双極性障害だと、そう状態とうつ状態とをくりかえしてしまいますが、

エビリファイというおくすりは、躁でもうつでもどちらの状態でも効果を発揮してくれるおくすりです。

気分が高揚して落ち着きがなくなったり、行動が過剰になってしまう、またはイライラが高ぶったり、怒りっぽくなってしまうときや、

逆に気分がしずみこんで何もしたくなくなるときにも使えるおくすりです。

(東京都 かまぼこさん)