再就職に強い電気工事資格

“私のお薦めの資格は電気施工管理技士という資格です。
この資格には、1級、2級の2つかあります。
この資格の良さは、電気工事業を営む会社では必須と言ってよい程、求められる資格です。
工事を仕事として請け負う時には、必ず施工管理という仕事が必要です。
決められた予算で、予定通りの工期の範囲内で品質の高い工事を行うことができるか。

その為に施工管理ということが重要になってきます。
電気工事業でも管理が大事なのですが、その時に必要な資格が電気工事施工管理技士なのです。

この資格を取る為には、専門の学校を卒業しているか、ある一定年数まで管理の経験を有するかということが、求められます。
試験も電気に関する技術的な問題から法律面まで幅広い問題をこなさなければなりません。

しかし、試験に合格し資格取得後の会社での評価や給与面での厚遇は大きいと言えるでしょう。

また、この資格を持った中で施工管理の仕事を実際に経験していくうちに、再就職でも大きな有利点となることも大いにあるのです。

電気工事は、企業から公共工事まで幅広い業界で仕事があります。
よって、電気工事施工管理技士という資格は、必ず求められ続けるので仕事面でとても将来を安定させてくれる物です。

(神奈川県横浜市 トリリオンさん)