免疫力が落ちると再発しやすいカンジダ

カンジダと聞くと、性感染症と思われてしまいがちです。

実際に、そう思われている人も少なくありませんね。

何だか自分のおりものがおかしい。

性器が異常に痒くてたまらない。

女性の方で、こういった症状にあわれている方いませんか。

場所が場所なだけに、友達にも家族にも相談できず、毎日異常な痒みとおりものの異常に悩んでいる人も多いはずです。

カンジダにかかったなんて話したら、変な目で見られてしまうのではないか。

そう思いますよね。

カンジダは決して恥ずかしいことでもないのです。

風邪を引いて病院から抗生剤などを処方され、長期に服用していたりすると、体の免疫力が低くなってしまいます。

そういった時に発症しやすいのです。

また、おりものシートをこまめに換えなかったりすると、そこで雑菌が繁殖し、カンジダになることもあります。

カンジダの症状でわかりやすいのは、カッテージチーズのようなオリモノと異常なまでの性器部分の痒みです。

この症状があったら、できるだけ早目に婦人科へ行かれることをおすすめします。

ですが、なかなか婦人科へ行くのは勇気がいることです。

婦人科へ行くと、診察し膣内にいれる錠剤と内服薬を処方されます。

約5日から7日ほど、欠かさず膣内に薬剤をいれることで、カンジダ菌を殺して治していきます。

痒みが強い際には、軟膏も出してもらえます。

一度かかってしまうと、ちょっと免疫力が落ちた際など再発しやすくなります。

普段から、しっかり体力をつけ免疫力が落ちないようにするとともに、性器部分を清潔に保つことも再発防止には有効です。