偏頭痛、感じたらすぐに頭痛薬!

私は就職後からすぐ、偏頭痛を患うようになりました。大体仕事帰宅時から始まり頭痛薬をのんでもなかなかきかず、しばらくして嘔吐するとだんだんとひいていく、というのが常でした。

週に1度近くのペースでおこりましたが、いつも右目の奥の痛みから始まり、右奥歯の痛み、左首の痛みへと発展するため、まずは眼科で何度か相談しましたが、目の乾燥が原因でしょうと目薬程度しか処方されませんでした。

次に、歯医者にかかる際にきいてみると該当箇所あたりに虫歯があり、親不知も未処置であったため、まずはそこの治療をすることにしました。

親不知を抜き、虫歯の治療も完了し、しばらくは偏頭痛も少なくなりましたが再び頻発するように。

再度歯医者にいって治療してもらいましたが、あまり関係ない、といわれました。

その時、歯医者で初めてロキソニンを処方されました。

ロキソニンはそれまで服用していたバファリンよりも少し効き目がよいように思われました。

しかしその後妊娠し、ロキソニンは服用できず、カロナールという薬を処方されましたが、2錠飲んでも効き目が薄いように感じました。

出産後のある日の夜、カロナールもきれ、前日からの頭痛をひたすら我慢していたのですが、どんどん悪くなるばかりで頭がわれそうなほどになりました。

そこで初めて急患センターにいき、脳のレントゲンをとってもらうことになりました。

結果としては、特に問題は発見されず、偏頭痛であり、頭痛の兆候が表れたらできるだけ早くなんでもいいから頭痛薬をのむこと、それで十分な効果がでるはずだといわれました。

実際その後は、少しでも目に変化を感じたら薬を飲むことで、耐えられないような痛みを抑えることができるようになりました。

バファリンなどでも十分効果があります。ぜひ皆さんにも実践してほしいな、という気持ちです。