七五三のときの親の服装について

我が家には娘と息子がいて、それぞれ違う感じの七五三でした。

娘のときは、初めてということもあり、きちんしてあげたいという思いが強かったです。

そのため、親もしっかりとした格好をしなければと思い、
これから先も必要だろうという考えもあって自分用にスーツを買いました。

買ったスーツはシンプルなパンツスーツで、色はベージュ系でした。

おめでたいことなので、明るいかんじが良いかと思い、そのスーツを選びました。

それにネックレスを合わせて、後は髪を娘がお世話になった美容室で綺麗にセットしてもらいました。

私の髪は明るめでパーマがかかっていたので、派手に見えないようにしてもらいました。

息子のときは、きちんとするのは子供だけでも良いかなと思い、
息子には袴を着せましたが、私はほとんど普段着状態でした。

ただ、写真を撮るのであまりにもだらしがないのは良くないと思い、
普段着ている洋服に綺麗めのカーディガンを羽織ったり、
靴はしっかりと磨いたりして少しきっちり見えるようには心がけました。

髪の毛は、そのときは長めのストレートだったので、
簡単に1つにまとめ、バレッタで留めました。

七五三は子供の成長を感じてこれからの子供の健やかな成長を願う節目の行事なので、
当然子供が主役ですが、
親の私たちもそれなりに多少は気をつかった格好をしたほうが良いのかなと思います。

娘のときと息子のときと、
それぞれ親の格好は違ったけれどそれぞれにとても良い思い出になっています。