モーラスパップは非ステロイド系解熱鎮痛薬の経皮吸収貼り薬です。

>>モーラスパップ60mgの購入はこちら

モーラスパップは非ステロイド系解熱鎮痛薬の経皮吸収貼り薬のことです。

炎症の原因となるプロスタグランジンの合成を阻害して炎症を抑え、痛みを和らげます。

具体的には、変形性関節症・筋肉痛・肩関節周囲炎・テニス肘・腱鞘炎・腰痛症・変形性脊椎症・椎間板症・腰椎捻挫等の炎症を抑え痛みを改善してくれます。

また、外傷後の腫れを抑え痛みを和らげます。

関節リウマチ性における関節局所の痛みも和らげてくれます。

モーラスパップはモーラステープに比べて保湿効果が高いので、薬の吸収が良いのが特徴です。

モーラステープは素材がテープ剤なのに対して、モーラスパップはフェルト剤になっています。

皮膚の表面近くだけではなく、関節内部や筋肉の奥深くまで直接効果を与えることがかのうです。

貼付部分を紫外線に当てると光線過敏症を起こす可能性が高いので、モーラスパップを貼った部分は包帯やガーゼで覆うようにして紫外線を防ぐことが大切です。

また、剥がした後もしばらくは紫外線に当てないように引き続き注意が必要です。

モーラスパップを使った感想ですが、腰痛や腱鞘炎等の辛い痛みがましになっという意見が多く、痛みの緩和には効果があるように思われました。

しかしながら痛みの原因自体を治療する訳ではないので、モーラスパップの使用と合わせて根本的な原因を治療する必要があります。

また、長時間の使用で被れや湿疹を伴ったという感想が多かったため、肌の弱い人は注意が必要です。

効果の持続する時間が決まっているので、貼りっぱなしにせずに短時間での使用を心掛ける必要があります。

また、汗をかくと剥がれやすいという意見も多かったので、運動する時には不向きだと思いました。

モーラスパップは痛みを緩和するという点ではとても優れているので、特徴をよく理解し正しく使用する必要があることが分かりました。

(大阪府 彩りママさん)

>>モーラスパップ60mgの購入はこちら