ニキビ知らずの私が大人ニキビに

私は今まで肌がキレイで何のトラブルもなく、ニキビが出来る事など年に1、2度しかありませんでした。
それもオデコにポツンと1個出来る位です。
そんな私がまさかニキビに悩まされる事になろうとは思ってもみませんでした。

30代目前に控え、朝起きたらオデコに珍しいニキビが。
しかしそのニキビは1個ではなく4個も出来ていたのです。
コメカミからオデコの真ん中にかけてポツポツポツポツと。
こんな事は生まれて初めてです。
あまりの光景に驚きながらも、「きっと放っておけば治るだろう。」と痛いニキビをそのままにしておきました。

2日後、更に驚く事に首にもニキビが。
こんな事も初めてです。
そして4日後、今度は首から胸にかけて、赤いニキビが大量に出来、すでに背中にも出来始めていました。
「これは絶対におかしい。」私は恐怖心からすぐに皮膚科に駆けつけました。
ニキビはマラセチア毛包炎という病気に似ているとネットで見ました。
「もしかしてマラセチアかも?」と恐れていましたが、皮膚科の先生からは「大人のニキビですね。」とあっさり言われました。
今までニキビに悩まされた事のない人も加齢により体質が変わったり、ストレスや食生活によって大人ニキビに悩まされる事はよくあるのだそうです。

処方して頂いたアクアチムクリームという抗生物質を含む塗り薬と、

FAD錠、リボビックス錠、そしてビブラマイシン錠というビタミン剤を毎日欠かさず試しました。

「これで本当に良くなるのかな?」と不安でいっぱいでしたが、4日程経ってようやく赤みと膨らみが目立たなくなり、改善している様でホっとしました。

>>アクアチムクリームの購入はこちら

>>ビブラマイシン錠の購入はこちら