ニキビを治すため、出来にくくするためには

私も10代後半から20代後半まで、よくニキビに悩まされていました。ニキビがもうできてしまった場合、なるべく早く治したいですよね。特に目立つ場所にあったり、赤くなってしまい痛みもある時などはなおさらです。
そんな時は私は薬を塗るより、洗顔に気をつけました。当たり前のことですが…帰宅したらすぐメイクを落として、肌に何も乗っていない清潔な状態を長く保つようにしました。
清潔を保つ、ということを大切にするためには、顔に髪の毛があまりかからないようにするのも効果があったかなと思います。私の場合、ニキビのできる場所が髪の毛がかかるおでこや頬の事が結構あったので。髪で隠したい気持ちもあるけど、あえてまとめ髪にしたり、頬に掛かる髪は耳にかけたりすると、治りが少し早かった感じがします。
あと、やっぱりニキビが治ったらもう出来ないでいてほしいですよね!
ニキビを出来にくくするには、身体の中からケアすることがとても効果的だと思います。よく夜遊びが続いた時とか、ニキビができちゃった…ということがありますね。お肌の為には睡眠は大事です。キチンと寝ているだけでもだいぶコンディションが違います。それから私自身、ニキビがひどかった頃は頑固な便秘でした。水分を多くとったり運動したりして、今ではすっかり便秘症が治ったのですが、そうなってからは本当にニキビが滅多に出来なくなりました。
根本的にニキビを撃退したい!となると、快眠と快便が効果的だと、私の経験から思います。