タミフルがインフルエンザにバッチリ効きました

日曜の朝、体がだるくて熱っぽくなりました。

熱を計ると38度超えです。

旦那が「インフルエンザだ」と、言って市内の救急診療所へ連れて行ってくれました。

救急なのに、なんと患者の多いことでしょう。

その9割が子供です。

しかもマスクもせずに、ゴホゴホし放題でした。

検査は、鼻の中に棒状のものを入れるだけで、すぐにインフルエンザと確定されました。

そして噂に聞いているタミフルを注射してもらい、月曜日に、かかりつけの医者で再診してもらうように言われて帰りました。

家では、家族にうつさないように、マスクをして別室で寝ていました。

翌日、病院へ行こうと会社に電話しましたが、急ぎの仕事があるとのことで休ませてもらえませんでした。

インフルエンザだからといって、零細企業は社員を休ませないことを初めて知って驚きです。

顔を真っ赤にしながら、急ぎらしい仕事をこなします。

それが終わったら、早退してその足で病院へ行きました。

他の人の話だと、死にそうなくらい辛いと言っていましたが、私は私語とが出来たくらいなので、それほどひどくなかったようです。

おそらく発熱してすぐにタミフルを打ってもらったことが良かったようで、その後辛くなることはありませんでした。